大迫勇也が先発復帰、63分までプレーし勝利に貢献。ブレーメンは2019年未だ負け無し、暫定6位に浮上!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月14日

EL予選参加圏内の6位に浮上

前節の復帰に続き、先発復帰を果たした大迫。63分までプレーしてピッチを去った。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間4月13日、ブンデスリーガ第29節が行なわれ、第28節を終えた時点で8位のブレーメンはホームで13位のフライブルクと対戦。2-1で勝利した。

 第28節で18年12月22日第17節RBライプツィヒ戦以来のブンデスリーガ復帰となった大迫勇也は、1アシストで貴重な同点ゴールをアシスト。この日は2トップの右で先発復帰を果たした。

 大迫は復帰戦よりもキレのある動きで前線を動き回り、18分、中盤のヌリ・シャヒンからのスルーパスに反応したミロト・ラシチャが左サイドに飛び出す。DFを引きつけながらマイナスのパスを送った先、大迫がダイレクトシュート。しかしこれは大きく浮いてしまった。

 41分には再び、左サイドを駆け上がったラシチャのクロスに合わせてDFふたりを背負ってゴール前に走り込むプレーでゴールに迫るも、得点には届かない。

 このほか、ブレーメンは守備面で脆さを露呈した。不動の守護神イジー・パブレンカがミスを連発し、19分、40分と立て続けに最終ラインとのパスミスからピンチを招く。ゴールネットを揺らされるも、いずれもオフサイド判定で無効となったものの、不安を残す出来となった。

 スコアレスで前半を折り返したブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督は、後半開始からパブレンカに替えてギリシャ代表GKステファノス・カビーノを投入。後半開始直後にフライブルクに攻勢を許す展開において、効果的な一手となった。

 流れを変えたいブレーメンは63分、復帰後間もない大迫に替えてクラウディオ・ピサーロを投入。

 そして訪れた76分、ピサーロの右サイドから上げたクロスが起点となり、ヌリ・シャヒンのクロスに、前節大迫のアシストから得点を記録したダフィ・クラーセンがゴール前の混戦から頭で叩き込んで、先制点を奪うことに成功する。

 84分にはCKから、テオドール・ゲブレ・セラシェが頭で合わせてネットを揺らし、ホームで2点をリード。

 後半アディショナルタイムに1点を許したブレーメンだが、2-1で勝利を収めた。2019年に入って負け無しの記録を継続中。勝点3を獲得し、暫定的にヨーロッパリーグの予選参加権が付与されるリーグ6位に浮上している。

 ブレーメンは次戦、現地時間4月20日にアウェーでバイエルンと対戦。24日にはDFPポカール準決勝で再びバイエルンと対戦という2連戦が控えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ