お家騒動からの立て直しは成るか!? 前節で手応えを掴んだシュツットガルトが運命の一戦に臨む! 【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

中野吉之伴

2019年03月03日

対するハノーファーにとっても「最後のチャンス」

対戦相手のハノーファーは直近2試合をいずれも0-3で落としており、状況はシュツットガルトよりも悪そう。しかし、原口元気は「自分たちにとって最後のチャンス」と気持ちを切り替えている。激戦必至の一戦は日本時間3日23時30分よりキックオフされる。 (C) Getty Images

画像を見る

 ブレーメン戦では、開始61秒で相手守備のミスを突き、スティーブン・ツバーが先制ゴール。前半終了間際にダフィ・クラーセンの見事なミドルシュートでブレーメンに追いつかれたが、ヴァインツィールは細かく守備戦術を調整しながら粘り強く戦い続け、敵地で貴重な勝点1を手にした。
 
 シュツットガルトにとっては8試合連続未勝利となったが、ヒツルスペルガーSDは「我々が一歩前に進んだことを見てもらえたと思う」と、ポジティブに捉えているようだった。
 
 来週もヴァインツィールが監督としてベンチに座るのか? との問いに対しては、「もちろん! ブレーメンで勝点1を取った。非常に価値のあるものだ」と答え、チームとして好プレーができていた内容も評価していた。
 
 ヴァインツィール監督も、チームとして強い意志を見せながら戦ったことを称賛した。
 
「激しく戦って勝ち取った勝点1だ。前半に2度、確実に2-0にできるチャンスがあった。あれを決めていたら、もちろんもっと良い展開に持ち込めただろう。強いハートを持ち、チームとしての戦いで引き分けを勝ち取ったと思っている。これは、今後の残留争いでベースとなるものだ」
 
 この試合に勝てれば言うことはなかったし、勝てるチャンスもあった。2点目を挙げるチャンスを逃したFWマリオ・ゴメスは、「僕がチャンスをモノにしていたら、2-0だった。幸運は今、僕のところにはない。でも、また前への一歩となった。勝点奪取は、我々にとって良いものだ」と、逸機を悔やみながらも、あくまでも気持ちは前向きだった。
 
 ここで得たものをプラスに変えていくためには、今節のハノーファー戦の結果が非常に大事になる。この試合を落とすと順位は逆転し、直接降格圏の17位に落ち込むことになってしまう。
 
 最低でも引き分け。負けたら、監督交代もあり得るだろう。対するハノーファーも、最後のチャンスと捉えて、この試合に全精力をかけて挑んでくる。意地と意地がぶつかり合う、激しい一戦となるだろう。
 
文:中野 吉之伴
 
【著者プロフィール】
なかの・きちのすけ/1977年7月27日生まれ。秋田県出身。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA−Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2018-19シーズンからは元ブンデスリーガクラブのフライブルガーFCでU16監督を務める。「世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書」(カンゼン)、「ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする」(ナツメ社)執筆。オフシーズンには一時帰国して「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ