「世界最高峰のCF」ケインを徹底分析。技術的、戦術的、メンタル的な強みとは?

カテゴリ:ワールド

ロベルト・ロッシ

2019年02月28日

「戦術的判断力」が抜きん出ている。

今や「世界最高峰のCF」と謳われるケインの持ち味とは? 写真:REUTERS/AFLO

画像を見る

 トッテナムに所属するイングランド代表FWのハリー・ケインは、現時点において世界最高峰のCFのひとりだ。ストライカーにとっての最重要タスクである得点力において卓越していることはもちろん、ビルドアップへの貢献、チャンスメークとアシスト、そして守備の局面への参加と、求められるすべての仕事を高いレベルで担う。
 
「ゴールを決める」だけならば、ケインと肩を並べるCFは五指に余る。とはいえCFとしての総合的なクオリティーにおいて彼と争うことができるのは、ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)くらいだろう。
 
 ケインは、圧倒的なフィジカル能力を持っているわけでもなければ、卓越したテクニックの持ち主でもない。188センチ・76キロという大柄な体格に優れたコーディネーションとボディバランスを備えているがゆえ、フィジカルコンタクトには強いが、身のこなしはエレガントではあるがやや重い。
 
 狭いスペースにおけるクイックネスやアジリティーも平均レベル、オープンスペースにおけるスピードも初速、加速ともに際立っているとは言い難い。テクニック的にも、左右両足のセンシビリティーに優れ、パスやシュートの精度は高いが、ファーストタッチを含むボールコントロール、1対1のドリブル突破など、フィニッシュの局面で決定的な違いを作り出す技術は際立っているとは言えない。
 
 では、ケインを世界での指折りのCFたらしめているものは一体何なのか。それは状況を的確に読み取り、周囲との連携の中で最適なポジショニング、動き、プレー選択を行なう「戦術的判断力」だ。
 
 ケインは常に最前線中央にポジションを取って敵CBと駆け引きし、攻撃の基準点となる古典的なタイプのCFとは一線を画している。ボールが遠くにある時から、プレーの展開を先読みして1つ先、2つ先の状況でチームが有利になるような動きを見せる。
 
 敵の陣形を間延びさせるために裏のスペースを狙う、縦パスを引き出すために敵2ライン(DFとMF)間に下がる、サイドに流れて味方が入り込むスペースを作り出す、あるいはサイドチェンジを引き出すなど、その動きは常にチームが狙っているプレーの展開に連動している。
 
【関連記事】
ケインや杉本健勇が着用! ナイキが精密さを求めるストライカーに向けた新スパイク『ファントム ヴェノム』を発表!
「もっとビッグクラブでプレーしろ!」「トッテナムは並だ」イブラヒモビッチがケインに“強烈”アドバイス
「レオは僕にとって特別な人だ…」 ネイマール、メッシとバルサ復帰への想いを涙ながらに告白
史上初の「インテル所属のミラン選手」。シュクリニアル本人はどう思ってる!?
「手本」はバロテッリからC・ロナウドへ。ユベントスの超逸材FWが意識改革で急成長中!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月20日発売
    勝てるチームはここが違う!
    世界最高レベルの
    「セットプレー& GK」大考察
    ジダン電撃復帰の真相も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ