「世界最高峰のCF」ケインを徹底分析。技術的、戦術的、メンタル的な強みとは?

カテゴリ:ワールド

ロベルト・ロッシ

2019年02月28日

一見すると「9番」だが「10番」的な資質を。

ケインは「9番」と「10番」の資質をバランス良く備える。(C)Getty Images

画像を見る

 多くのCFは、チームと連動して動くとは言っても、その焦点はほぼ常に自らがゴールを決めることに合わされている。しかしケインの場合は、自らフィニッシュすることよりもむしろ、チームがアタッキングサードでチャンスを作り出し、得点に繋がる状況を作り出すことに焦点を合わせてプレーしている。
 
 もちろん、CFというポジションを担う以上、自らがフィニッシュを担うことが第一の選択肢になる状況は多いし、その状況になれば躊躇なくシュートを選び、しかもその多くをきっちりと枠に収める。その意味でのゴールセンスは間違いなく卓越したものを持っている。
 
 それはこれまでのキャリアで積み重ねてきたゴールの数が証明する通りだろう。実際、得点のバリエーションは豊富だ。長身を活かしたヘディングから、ゴール前のこぼれ球を押し込む泥臭いもの、2ライン間で前を向いてのミドル、裏へ飛び出してスルーパスを引き出してのシュートまで、いずれも確度が高い。左サイドからドリブルで仕掛けて、ファーポスト際にGKを巻くように飛び込むシュートも得意だ。
 
 しかしケインの真骨頂は、常にフィニッシュに備えるのではなく、その時々の状況においてチームが得点を挙げるために最適の選択を下せる点にこそある。
 
 2ライン間に引いたりサイドに流れたりする動きでゴール前に味方が走り込むスペースを作り出せば、遠目の位置から前を向いてドリブルやコンビネーションで仕掛けて敵を引き付け、そこから質の高いアシストをゴール前に送り込んだりもする。
 
 つまり、一見すると典型的な「9番」でありながら、プレーのクオリティーにおいては「10番」的な資質も備えており、それを活かしながら常にチームにとって最善の選択肢を選び、ゴールという結果をもたらすのだ。CFとしては異例なほど「利他的」でありながら、しかしストライカーとしても申し分のないゴールを重ねているというのは、他のCFには見られない美点だ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ