【ゼロックス杯展望】川崎×浦和|新加入のL・ダミアン、杉本健勇らが先発へ!今季“1冠目”を掴むのは…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年02月15日

浦和――武藤と青木が欠場。代役は新加入のふたり

川崎=故障者/なし  出場停止/なし
浦和=故障者/青木、武藤、ファブリシオ  出場停止/なし

画像を見る

富士ゼロックス・スーパーカップ
川崎フロンターレー浦和レッズ
2月16日(土)/13:35/埼玉スタジアム
 
浦和レッズ
【昨季成績】
J1:5位 勝点51 14勝9分11敗 51得点・39失点
ルヴァンカップ:プレーオフ敗退
天皇杯:優勝
ACL:――
 
【最新チーム事情】
●オリヴェイラ監督は「計画通りの準備ができた」と手応え。
●負傷中の武藤と青木は、間に合わず欠場が明言される。
●川崎のパスサッカーに対して、「回させているつもりで」(柏木)戦う。
●杉本は「目の前の相手に勝ちたい」と意気込んでいる。

【担当記者の視点】
 新シーズンの初陣となる富士ゼロックス・スーパーカップ。昨季天皇杯を制した浦和が狙うのは当然、その勝利だ。オズワルド・オリヴェイラ監督は、2回(通算約2週間)に渡った沖縄でのトレーニングキャンプを経て「とても良い準備を計画通り進めることができた」と、自信を見せた。
 
 懸念材料は、天皇杯の最終盤で負傷を抱えながら活躍した武藤と青木が、その影響で出遅れていることだ。指揮官は今大会での両者の欠場を明言。青木はリーグ開幕を視野に、武藤は状況を見ての復帰となることを話した。それだけに、アンカー起用が濃厚な新加入エヴェルトンのフィット具合がポイントになる。
 
 昨季のリーグ戦では川崎に2勝した(ホーム、アウェーともに2-0)。キャプテンの柏木は「しっかり守備をしてカウンター。回させているつもりで」と、その再現を狙う。さらに、長身FWの杉本が加わり高さが増しているだけに、前日に非公開で確認したセットプレーの迫力は十分だ。プレースキッカーの柏木はさらに「(杉本)健勇が入ったことで他の選手が空くこともある。あとは自分が良いボールを蹴るだけ」と、チームの得点源としての認識を示した。
 
 その杉本はスタメンでの浦和デビューが濃厚。「シーズンが始まる1試合目。目の前の相手に勝ちたい、川崎に勝ちたい。必ず全員の力で勝つことだけしか考えていない」と力を込めた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ