1年前は結婚式直後に「引退覚悟」も、今季は王者・川崎へ! GK藤嶋栄介の劇的すぎるサッカー人生

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始

2019年02月13日

昨年の1月31日――。その日までにどのチームからも話がなければ、サッカーを辞める

川崎の新体制発表会に出席した藤嶋。1年前は引退の危機に追い込まれていた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「ちょうど1年前、『引退しないといけないかもしれない』というところまで追い込まれていました。そこからレノファでチャンスをいただき、こうしてチャンピオンチームで機会をもらえて、本当に諦めなくて良かったです。どこかで観てくれている方がいて、こうしてサッカー選手を続けられています。たくさんの方々への感謝の気持ちでいっぱいです」

 今季レノファ山口から川崎フロンターレに期限付き移籍したGK藤嶋栄介はこの1年、まさにドラマのような――文字通り劇的なサッカー人生を歩んできた。

 昨年1月7日、藤嶋は結婚式を挙げて、たくさんの人から祝福を受けた。もちろん幸せだった。ただ、ふとした瞬間に心の底から喜べずにいる自分がいた。2017シーズン限りで松本山雅への期限付き移籍を終えたが、所属元のサガン鳥栖からはレンタルバックなどの発表がなく、新たなチームも見つけられずにいた。

「宙ぶらりんでした。決まりそうだけれど、決まらない。そういう話が続いて、仕事がない立場でした」

 鳥栖からレンタルされた2年間、松本山雅での2017シーズンは天皇杯1試合のみに出場。前年のジェフ千葉では一度も公式戦のピッチに立てなかった。

 結婚式の後、現実は一段と重く藤嶋にのしかかる。

 1月14日、鳥栖から今季限りでの契約満了が、正式にアナウンスされる。

 一方、続々とGKの移籍先と契約更新が決まっていき、藤嶋は焦りを募らせるばかり。

 今年の川崎フロンターレの新体制発表会が行われたのは1月27日だったが、「昨年のこの日、僕はまだチームが決まっていませんでした。どのチームもキャンプが始まり、いろんなチームに連絡を入れても、『もうゴールキーパーは補強しないよ』と断られ続けていました」。
 
 結婚して守るべき家族を持ったばかりの藤嶋は、人生の岐路に立たされた。

「サッカーを続けたい想いはありましたが、家庭を持ったわけで、ただ『サッカーを続けたい』と自分のことだけを考えて言い続けるわけにはいきませんでした」

 彼は自分のなかで、ケジメをつけた。

1月31日――。その日までにどのチームからも話がなければ、サッカーを辞める。そう決めたのだ。その日は、自身の26回目の誕生日でもあった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ