【選手権】安部裕葵のような逸材を擁さずとも――。弱者から生まれ変わった瀬戸内が難敵・流経大柏に挑む!!

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2019年01月11日

流経大柏を撃破を果たすために必要なのは?

3回戦の岡山学芸館戦は0-1から逆転に成功。中川⑳が躍動し、2得点を挙げる活躍でチームに勝利をもたらした。、写真:徳原隆元

画像を見る

 昨夏のインターハイはポゼッションスタイルに移行した直後とあって、初戦敗退に終わった。以降も相手のプレスに対して逃げ腰になり、ロングボールを選択する場面が散見。セカンドボールを拾われて、ピンチも招くなど上手くいかなかった。そうした時期を乗り越え、自分たちのサッカーを貫き通した結果が長きに渡って閉ざされていた選手権への扉を開く原動力になった。
 
 結果が出たため、「この10年で一番厳しい」世代は大きく飛躍を遂げる。「どれだけ相手が来ても、ビビらずに繋ぐのはずっとやってきたけど、優勝できたことが自信になった」と話すのは主将の佐々木達也(3年)だ。安藤監督が「選手権予選後の2、3週間でドンドン伸びている。結果が出ると、これだけ成長するんだと知った」と話していた通り、浮上のきっかけを掴んだチームは水を得た魚のように躍動。選手権予選後のプリンスリーグ中国では2勝1分という結果を残し、7位で残留を確定させた。
 
 選手権でも良い流れは続いている。3回戦の岡山学芸館戦は自陣でのパスミスを機に失点を許すなど、繋ぐことを躊躇する材料は少なくなかったものの、恐れずに自らのスタイルを出し切って2-1の逆転勝利を収めた。安藤監督が、「選手が1試合ごとに成長してくれている。試合の最初は繋げなくても、勇気を持って蹴らずに繋いでいる」と明かすように全国の厳しさに磨かれる形で、試合を追うごとにその精度は高まっている。
 
 次なる相手は、日本一の経験を持つ全国屈指の強豪、流経大柏。これまで通りに行くわけではないと選手は分かっている。同時に今までのように勇気を持って自分たちらしさを貫けば、勝てない相手ではない。それは選手も身を持って実感しているだろう。恐れることはない。積み上げてきた成果をピッチで出し切れば、幸せな結末が瀬戸内に待っているはずだ。
 
取材・文●森田将義(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ