【選手権】流経大柏の怪物DFはやっぱり凄かった!データで実証された関川郁万のポテンシャル

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2019年01月05日

半端ない跳躍力と圧倒的なヘディングの強さは一見の価値あり!

1年生の頃からヘディングの強さに定評があった関川。3年間で磨いた武器を携え、来季はアジア王者・鹿島でプロのキャリアをスタートさせる。写真:田中研治

画像を見る

[高校選手権・準々決勝]秋田商0-1流経大柏/1月5日/フクアリ

 圧倒的なジャンプ力で相手のはるか上を飛び、強烈なヘッドを見舞う。攻守でその能力を存分に示しており、競り合えばほとんどの局面で負けない。今大会、流経大柏の関川郁万(3年)は空中戦の強さを改めて知らしめている。
 
 1月5日に行なわれた高校サッカー選手権の準々決勝。関川は秋田商戦に先発出場し、攻守で存在感を誇示して1-0の完封勝利に貢献した。
 
 関川はこの試合でもエアバトルにほぼ負けず、圧巻のパフォーマンスを披露。鍛え上げられた肉体と抜群の身体能力で違いを見せた。その出来について、「たぶん、今日(の空中戦勝率)は100パーセントですね」と本人が自画自賛するほどだ。

 実際に秋田商戦ではことごとく跳ね返し、終盤にラッシュを掛けられた時間帯も185センチの糟谷歩(2年)とのマッチアップを制した。攻撃でも後半中盤にCKから強烈なヘッドでゴールを強襲。笛が鳴る前にキッカーが蹴ったため得点は取り消されたが、会場からは大きなどよめきが起こった。
 
 空中戦で図抜けた強さを見せる関川。それは数字にも表れている。チームでは9月から独自にデータを集計。走行距離やスプリント回数のほかにもボール奪取の回数やパスの成功率など細かい数字を集めており、その中に空中戦の項目がある。秋田商戦の結果はまだ明かされていないが、3回戦の星稜戦でも21回競り合って17回勝利している。勝率は80パーセントを超えており、星稜が後半終盤に189センチの大型FW土橋柊斗(2年)を投入してきた事実を踏まえれば、180センチの関川がいかに空中戦に強いのかを証明しているデータだ。
 
「ヘディングにこだわっているのでその回数や、競った回数は凄く気になる。数字を見て凄いとは思わないですけど、相手に勝っている実感がある。勝っているなと思う時は数字が良いし、感覚的に負けているなと思っていてもデータ上で勝っている場合もある。なので、(改めて)負けている試合はないことを知りました」(関川)
 
 数字でも実証されている関川の凄さ。流経大柏の怪物DFは絶対の自信を持つ空中戦で誰にも負けるつもりはない。高校年代屈指のCBは自慢のヘッドで、準決勝と決勝の舞台となる埼玉スタジアム2002を沸かせるつもりだ。

取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWEB編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月20日発売
    勝てるチームはここが違う!
    世界最高レベルの
    「セットプレー& GK」大考察
    ジダン電撃復帰の真相も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ