【選手権】初出場で全国8強! 瀬戸内の躍進を支えるのはリバプールへの憧れから始まった“挑戦”だった

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月03日

完璧に組織されたポゼッションスタイル

焦れることなく繋ぐスタイルを実戦した瀬戸内。そのサッカーは全国での躍進を支えている。 写真:徳原隆元

画像を見る

[高校選手権・3回戦]瀬戸内2-1岡山学芸館/1月3日/駒沢

 2回戦で選手権初出場・初勝利を成し遂げた瀬戸内が、勢いそのままに全国ベスト8に名乗りを上げた。

 先制したのは岡山学芸館だった。前半26分、瀬戸内のディフェンスラインのパス回しが緩くなったところにチャージをかけた2年生FW、岡田知也がボールを奪取。そのまま敵陣深くに持ち込んで右足を振り抜くと、渾身の一撃は相手GKの手を弾いてゴール左隅に収まった。

 持ち味のポゼッションでペースを握りながらも先手を取られた瀬戸内だったが、「ミスからの失点だったんですけど、選手たちが笑顔で『続けよう』と意思統一を図ってくれた」と安藤正晴監督が振り返ったように、焦れることなく、巧みなポゼッションでジワジワと相手を押し込んだ。

 そして、前半終了間際の40分、2回戦で決勝点を挙げていた2年生CF中川歩夢が、ペナルティーエリア手前で相手DFに当たってこぼれたボールを拾って右足一閃。「手応えがあった」という一撃はゴール左下隅へ決まった。

 迎えた後半もリスクを恐れないポゼッションスタイルで岡山学芸館と互角以上に渡り合った瀬戸内は15分、中盤でセカンドボールを奪った中川がそのままゴール前までドリブル突破。今度は左足を振り抜いて決勝弾を決めた。

 終盤は猛攻にさらされながらも、耐え凌いだ瀬戸内。自分たちの理想とするスタイルを貫いての見事な勝利だった。

 初出場ながらベスト8まで駒を進めた瀬戸内の屋台骨となっているのは、本稿でも触れている4-3-3システムで、完璧に組織されているポゼッションである。だが、意外なことにこの形にトライし始めたのは、昨夏に行なわれたインターハイ終了後なのだという。安藤監督は、次のように明かしてくれた。

「実は夏までは蹴って走るサッカーをやってたんです。インターハイが終わってからスタイルを全部変えたんです。選手の一番良いところを伸ばすことが大事だと思っていて、そのなかで、今年は2年生も多くてこじんまりとしたチームなので、ポジションとポゼッションが大事だということで、全員で研究してきました」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ