【横浜】自分のミスで失点も心は折れず。“運命の1点”を許さなかった飯倉大樹の悲壮な決意

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年10月15日

タイトルという形で恩返しを――

無暗に長いボールは蹴らない。的確なフィードやショートパスでビルドアップの起点となり、ポゼッション重視のチームスタイルを支える。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ミスは誰にでもある。飯倉も「ミスをしないのがベスト」だと理解しているが、それよりも、「ミスをした後にどう振る舞うか」を大事にプレーしていた。その結果、上手く自分の中で切り替えることができたようだ。
 
 もちろん、自分のサッカー人生のためだけに戦っていたわけではない。何よりも「優勝したい」という強い気持ちが、そのメンタルを支えていた。
 
「苦しい時期にいろんな評価をされたけど、そういう時でも後押ししてくれた人のためにも、『やっぱりF・マリノスのサッカーは楽しいよね、あれがサッカーだよね』となるよう、絶対に優勝したい。支えてくれる人がいるから、俺たちはずっとやってこれた。何かにすがるというか、勝負に徹するのも大事だけど、自分たちのスタイルを貫いて、タイトルを獲らなければ意味がないとも思っている。上手くいかなかった時でも、信じてくれた人たちのためにも優勝したい」
 
 ひとつの成果を出すことで、「今までやってきた過程も信じてもらえるし」とも言う。タイトルという形で恩返しを――。その想いも確かな原動力になっている。
 
 最後に、「本当にドキドキしたよ」と伝えると、「俺が一番、そうだよ!」と、思いっきり表情を緩める。「でも、俺がちゃんと後始末をしないと」。その言葉どおり、終盤の鹿島の猛攻にも決して慌てず、致命的な3点目を与えなかったパフォーマンスとそのメンタルタフネスぶりは、特筆に値するものだった。
 
 チームが好調の時も、苦しい時も、ブレずに信念を貫いてきた。リスクを恐れずペナルティエリアを飛び出し、後方からのビルドアップを手助けするなど、ポゼッションサッカーを支えてきた。チームが攻撃に重きを置くぶん、堅守を伝統としながらも、今季は大幅に失点が増えたが、GKとしてその“痛み”に必死に耐えながら、数多くのビッグセーブで何度もピンチを救ってきた。
 
 悲願のタイトル奪取まで、あとひとつ。大舞台に立てる喜びと責任を噛みしめながら、湘南との“神奈川ダービー”でも、飯倉はアグレッシブかつ冷静に、トリコロールのゴールを死守するはずだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【横浜F・マリノスPHOTO】歓喜の三ッ沢!横浜が17年ぶりにルヴァンカップ決勝進出!
 
【関連記事】
【ルヴァン杯|採点&寸評】横浜2-2鹿島|圧巻のスピードで敵を翻弄した仲川。戦列復帰した昌子は?
【ルヴァン杯】横浜が17年ぶり2回目の優勝に王手!後半に猛攻を受けるも2戦合計4-3で鹿島を撃破
【横浜】失点につながるパスミスと――GK飯倉大樹の“2つの転機”となるプレー
【横浜】4度目の“ガラ空き被弾”……なぜGK飯倉大樹はそこまでして前に出るのか?
【横浜】仲川輝人は“ハマのエムバペ”か!? 本人に確認したら「小柄っていう面で言うと…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ