【ルヴァン杯】横浜が17年ぶり2回目の優勝に王手!後半に猛攻を受けるも2戦合計4-3で鹿島を撃破

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月14日

後半に2失点して危うい展開になったが、最後の1点は許さず

こぼれ球を拾ったH・ヴィエイラが先制点。その後、鹿島の猛反撃を受けたが、なんとか2点でしのいだ横浜が決勝進出を決めた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[ルヴァン杯]横浜2-2鹿島/10月14日/ニッパ球
 
 ルヴァンカップ準決勝・第2戦の横浜F・マリノス対鹿島アントラーズが14日、ニッパツ三ツ沢球戯場で行なわれ、2-2の引き分けに終わった。この結果、横浜が2戦合計4-3(第1戦は横浜が2-1で勝利)で、優勝した2001年大会以来、2度目の決勝進出を決めた。

【ルヴァンPHOTO】横浜 2-2 鹿島 横浜が鹿島と引き分けるも、17年ぶりの決勝進出!

 横浜は20分、仲川輝人のパスを受けた天野純が、ペナルティエリア外からシュートを放つ。これはDFにブロックされたが、ウーゴ・ヴィエイラがこぼれ球を拾ってゴール左スミに先制点を沈めた。
 
 この1点で試合の主導権を握った横浜は、さらに34分。遠藤渓太のスルーパスに天野が反応してエリア内でボールを受け、グラウンダーのクロスを供給。これをフリーで中央に走り込んだ仲川が押し込み、点差を広げる。
 
 後半に入ると、決勝進出のために3点以上が必要な鹿島が、ボランチの永木亮太を下げてFWのセルジーニョを投入。前線の枚数を増やし、リスク覚悟で攻撃に出た。

 すると62分、GK飯倉大樹のパスミスを奪って土居聖真が1点を返す。これで勢いに乗った鹿島は、70分に安西幸輝のクロスをセルジーニョがヘッドで決めて2点目。さらに84分には、怪我から3か月ぶりに復帰した昌子源を投入してチームの士気を高め、相手のカウンターをしのぎながら怒涛の攻撃を仕掛けた。
 
 しかし、3点目が奪えないまま試合は終了。2-2の引き分けに終わり、横浜が決勝進出を決めた。決勝は10月27日。横浜は湘南ベルマーレ対柏レイソルの勝者と、埼玉スタジアム2002で対戦する。

【ルヴァンPHOTO】横浜 2-2 鹿島 横浜が鹿島と引き分けるも、17年ぶりの決勝進出!

【横浜F・マリノスPHOTO】歓喜の三ッ沢!横浜が17年ぶりにルヴァンカップ決勝進出!
【関連記事】
「私が日本行きを決めたのは…」 元鹿島の“貴公子”レオナルドがJリーグ挑戦の真相を明かす
代表メンバーが焼肉決起会へ! 長友の”熱血語り”の餌食になったのは…「皆さんこんな上司、先輩にならないように。笑」
【パナマ戦|動画&記事一覧】解説:釜本邦茂、採点&寸評、プレー分析、指揮官の思考、PHOTOギャラリーetc.
「もう、嫉妬ですよ」。長友をそう唸らせた“若き才能”
「シバサキは環境を変えるべき」 スペイン紙記者は“質より量”を求めるヘタフェ監督との決別を推奨

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ