【横浜】失点につながるパスミスと――GK飯倉大樹の“2つの転機”となるプレー

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2018年10月14日

10分のピンチは果敢な飛び出しで事なきを得る

自らのミスで相手に流れを与える失点を許した飯倉。ただ、それ以外は終始、安定感あるセービングでチームの決勝進出に貢献した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ルヴァン杯準決勝第2レグ]横浜2-2鹿島/10月14日/ニッパツ
 
 痛恨のミス。それは本人も認めている。
 
 2-0で迎えた62分、横浜のGK飯倉大樹がゴールキックをペナルティエリアの近くにいた天野純に出す。これを鹿島の土居聖真が狙っていた。天野に届く前にカットし、そのままゴールに流し込んだ。
 
「その前に、2回ぐらい、つなげていたから、うまくやろうとしたぶん……。そこで流れが変わってしまったのは、俺の責任」
 
 後方からつないでいくのが、今季の横浜のスタイル。それを狙われた形で、飯倉が語るとおり、この失点で鹿島が勢いづき、70分には2点目を奪われている。
 
 最終的には、トータルスコア4-3で決勝に進むことはできた。アウェーの第1レグを2-1で勝っていたのが大きかった。ただ、この第2レグで3点目を奪われていれば、4-4となるがアウェーゴールの差で、敗退していたのは横浜のほうだった。
 
 辛うじて2-2の引き分けに終えることができたが、薄氷を踏むような試合だった。2点のリードを守り切れなかった。その引き金となるミスに、飯倉も反省を口にする。
 
 もっとも、自分たちが2点を奪う“きっかけ”を作ったのも、また飯倉だった。鹿島に流れが傾きかけた10分、ペナルティエリアに侵入してきた安西幸輝と1対1の危険な場面を作られるが、果敢に前に飛び出して、事なきを得ている。
 
 大きなピンチを凌いだ後の横浜は、20分にウーゴ・ヴィエイラ、34分には仲川輝人がゴールネットを揺らして試合を有利に進める。飯倉のファインセーブがひとつの転機となったのは間違いない。
 
「あれもひとつのターニングポイントだったとは思う。自分でターニングポイントを2つ作ったみたいだけど(笑)、鹿島が今日は最初から来るっていうのは、ある程度、予想していたし、そのなかでああいうプレーができて、前半に2点取れて、良い形で後半に入ることができた。だけど、俺のミスでまた相手にパワーを与えてしまった」
 
 決勝進出に安堵する一方、最後まで自らの失態を悔やむ。だが、先述の安西を止めたプレー以外にも、劣勢にさらされた後半、山口一真の際どいシュートをブロックすれば、多くのCKを与えたなかで、何本もゴール前に放り込まれたクロスを含め、ハイボールの処理は終始、安定し、確実なキャッチングでチームに落ち着きを与えていた。
 
 失点に直接関与するミスはあった。それ以上に、飯倉の好守が目立つ試合でもあった。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【ルヴァンPHOTO】横浜 2-2 鹿島 横浜が鹿島と引き分けるも、17年ぶりの決勝進出!

【横浜F・マリノスPHOTO】歓喜の三ッ沢!横浜が17年ぶりにルヴァンカップ決勝進出!
【関連記事】
【ルヴァン杯|採点&寸評】横浜2-2鹿島|圧巻のスピードで敵を翻弄した仲川。戦列復帰した昌子は?
【ルヴァン杯】横浜が17年ぶり2回目の優勝に王手!後半に猛攻を受けるも2戦合計4-3で鹿島を撃破
【横浜】PK直前にGK飯倉大樹がパトリックに歩み寄り…「片言の英語で」なんと言った?
【横浜】4度目の“ガラ空き被弾”……なぜGK飯倉大樹はそこまでして前に出るのか?
【横浜】勝負を決する2失点目に対し、CB中澤佑二とGK飯倉大樹の異なる視点

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ