• トップ
  • ニュース一覧
  • 「これが首位だな…」警戒しても止められない川崎の凄みを長崎の選手たちはどう感じたか?

「これが首位だな…」警戒しても止められない川崎の凄みを長崎の選手たちはどう感じたか?

カテゴリ:Jリーグ

藤原裕久

2018年10月01日

「当たり前のことが当たり前にできるチーム」

川崎は序盤、押し込まれる場面もあったが、次第にペースを掴み、知念、小林のゴールで2点を先行すると、終盤は手堅く逃げ切った。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 しかし、川崎はそうした高い技術を連係の中で出してくることができていたし、勝負所を逃さないしたたかさを持っていた。それが、飯尾が「先制点のセットプレーみたいな勝負の分かれ目の所でちょっとずつ向こうが上だった。守備もちょっとずつズレてしまったし、攻撃もある程度はやれたけど、結局はやられてしまう。そこが大きな差」と指摘する部分なのだろう。
 
 他にもボールを失ってからの切り替えが改善されたことで、リーグ前期よりも高まった守備や、鬼木監督の冷静なチームマネジメントなど川崎のストロングは多い。
 
 だが、それらはすべて、髙杉の試合後のコメントに集約される。
「これが首位だなと。個はもちろん、基本、球際、運動量……、当たり前のことが当たり前にできるチーム」
 
 首位へ向けて本気の牙を剥いた川崎との一戦は、J1での戦いがこれまで当たり前ではなかった長崎というクラブにとって、王者たるに必要な強さを体感させるものだった。そして長崎戦に勝利した川崎は4節以来の首位の座へ。この日の試合を見る限り、その座から簡単に陥落することはないだろう。そう思わせる底力が、この日の川崎には感じられた。
 
取材・文●藤原裕久(フリーライター)
【関連記事】
【J1採点&寸評】長崎1-2川崎|MOMは「常に危険な選手」だった小林悠!! スタメン抜擢に応えた二人も高評価!
川崎が首位奪回!! 最下位・長崎を知念&小林弾で撃破、4節以来のリーグトップに!
神戸の「バルサ化」は成功するか? 世界各地での“バルサ化失敗”の主たる原因は…
Jウォッチャー平畠啓史が森保ジャパンに推薦する「未招集組でぜひ観てみたい5人のキラ星」
J53クラブのビジネスマネジメント力がランキング化! 最もコスパが良いのは? 地方クラブ経営で目標となるのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ