• トップ
  • ニュース一覧
  • 「これが首位だな…」警戒しても止められない川崎の凄みを長崎の選手たちはどう感じたか?

「これが首位だな…」警戒しても止められない川崎の凄みを長崎の選手たちはどう感じたか?

カテゴリ:Jリーグ

藤原裕久

2018年10月01日

「不用意に食い付くとパスを出されるし、食い付かないと…」

ベテランの中村をはじめ、試合巧者ぶりを見せつけた川崎の選手たち。僅差のゲームだったが、長崎の選手にとっては大きな差を見せつけられたようだ。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

[J1リーグ28節]長崎1-2川崎/9月29日/トラスタ
 
「局面、試合の流れ、ボールコントロール、そしてパスや止めるといった技術も含めて、Jの中で一番、完成度が高い」
 試合2日前、高木監督は川崎をそう表現した。
 
「ベテランと呼ばれる選手たちが、どこよりも上手い」(黒木聖仁)
「ボールを持たれるのは避けられない」(徳永悠平)
「打ち合えば厳しい相手」(島田讓)
 選手たちからも口々に同様の言葉が突いて出る。そして言葉どおり川崎はやはり強かった。
 
 荒天の中、3日前に湘南と戦った川崎のコンディションは決してベストとは言えなかった。何人かの選手の動きは明らかに重く、試合後に鬼木監督が「中々ない」と認めた2トップシステムへの不馴れさが、そこに拍車をかけていた。通常のチームならばゲームの入りに失敗したと言えるだろう。
 
 だが川崎は違った。時間が経つごとに動きの重さも、不馴れな2トップシステムでの連係を修正して、試合の主導権を奪っていったのである。その修正力とでもいうべき力の中心を担ったのが中村憲剛だ。中盤の底でボールをさばいたかと思えば、前線へ決定的なパスを通しつつ、時には自らシュートを狙い、なおかつ簡単にはボールを失わない。
 
「不用意に食い付くとパスを出されるし、食い付かないとそのままやられてしまう。そこの判断が難しかった」
 長崎DF陣の要である髙杉亮太はそう言って、中村をフリーにしてしまったことを悔やんだが、試合前から警戒していてもなお、止めるのが難しいという事実が、その存在の大きさを物語っていると言っていいだろう。
 
 分かっていても止められなかったのは中村だけではない。2度の失点シーンはいずれも小林の動き出しの速さにやられたものだし、家長のドリブルや大島のフィードから何度もチャンスを作られもした。いずれも試合前の時点で充分に警戒していたはずのプレーで、である。
 
 単なる技術だけで勝負をしてくるのであれば、スカウティングとハードワークで充分に対抗できただろう。だが、しかし――。
【関連記事】
【J1採点&寸評】長崎1-2川崎|MOMは「常に危険な選手」だった小林悠!! スタメン抜擢に応えた二人も高評価!
川崎が首位奪回!! 最下位・長崎を知念&小林弾で撃破、4節以来のリーグトップに!
神戸の「バルサ化」は成功するか? 世界各地での“バルサ化失敗”の主たる原因は…
Jウォッチャー平畠啓史が森保ジャパンに推薦する「未招集組でぜひ観てみたい5人のキラ星」
J53クラブのビジネスマネジメント力がランキング化! 最もコスパが良いのは? 地方クラブ経営で目標となるのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ