長崎の高木監督がW杯を分析! 日本代表の戦いぶりにも感じた「オリジナリティ」の重要性

カテゴリ:Jリーグ

藤原裕久

2018年07月19日

国際舞台で活躍してほしいと思う長崎の選手について高木監督は…

リオ五輪代表歴を持つ鈴木武蔵。彼もまた高木監督が期待を懸けるストライカーだ。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 同時に大会全体を通して見たとき、「オリジナリティ」にこだわったのは日本だけはないとも感じたようだ。「他の国でも、選手たちに普段の所属チームでやっているポジションや動き、プレーをそのまま代表でもさせることで戦おうとしているチームがあった」と語り、「指導者として、常にオリジナリティが必要だなと感じました」と刺激を受けたことを明かした。
 
 高木監督と言えば、現役時代は“アジアの大砲”と称された日本代表の名ストライカーだが、現在、率いている長崎から自身の系譜を引き継ぐ代表選手が出る可能性をどう考えているのか。
 それについて高木監督は「代表に選ばれるっていうのはね、そんなに甘くないよ」と笑いながらも、「でも(鈴木)武蔵とか、リーグが再開して得点を重ねれば可能性が出てくることもあるだろうね。武蔵に限らず、選手たちには現役である限り代表を狙う気持ちを持ってほしいし、名倉(巧)にも五輪を狙えって言ってますから」と続けた。

 教え子たちを代表へ送り込むためにも、まずは再開するリーグ戦が重要となるが、高木監督は次節以降の戦いに向けて「まぁ、またいろいろと仕掛けていきますよ」と、よりオリジナリティを追求する姿勢を覗かせていた。

取材・文●藤原裕久(サッカーライター)
【関連記事】
【浦和】“あの”敬礼ポーズを再現!?槙野智章が原口元気と見せたパフォーマンスの舞台裏
左利きの右SBは有益なのか。FC東京の成長株・小川諒也が示した新たな可能性  
日本代表、香川真司が世界5位タイに! 英紙の採点数値で見る「ロシアW杯全選手の成績表」
J1再開初戦でまさかの展開!横浜がクラブ記録タイの8ゴールで仙台を粉砕
「ベティスの左サイドはタカシ・イヌイの定位置」地元メディア報じる。指揮官は柴崎岳にも興味?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ