• トップ
  • ニュース一覧
  • 日本代表、香川真司が世界5位タイに! 英紙の採点数値で見る「ロシアW杯全選手の成績表」

日本代表、香川真司が世界5位タイに! 英紙の採点数値で見る「ロシアW杯全選手の成績表」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月19日

アザール、モドリッチに続く”好成績”をおさめた香川

評価スコアで世界第5位! 香川は出場した3試合すべてで高評価を得た。(C)Getty Images

画像を見る

 世界中を熱狂で包んだロシア・ワールドカップが全日程を終えて終了。フランスが20年ぶり2回目の優勝を飾り、クロアチアが準優勝という結果に終わった。

 ワールドカップ終了に伴い、英紙『The Guardian』は、選手個人の平均評価スコアを発表。この評価制度で、日本人トップの数値をマークした香川真司は、全体でも5位につけるという好成績をおさめた。

 評価の対象は、今大会に登録された736選手のうち、試合に出場し、採点対象となった602人の選手。評価点の合計数を出場試合数で割って選手個人の平均値を算出し、一覧にしている。全63試合に登場した、スター選手から無名の新人選手までの活躍ぶりを数字で伺うことができるというわけだ。

 日本代表を見てみよう。西野ジャパンはグループリーグを突破し、決勝トーナメント1回戦までの4試合を戦った。採点対象となったのは23人中17人。そのうちもっとも高い評価を得たのは、香川真司だった。

 3戦目のポーランド戦は出場がなかったが、コロンビア戦が「8」、セネガル戦が「7」、ベルギー戦が「8」と、出場した試合ではことごとくハイスコアを叩き出し、最終値は「7.67」となった。

 
 香川に次いで、3試合途中出場の本田圭佑が「7.33」、原口元気と昌子源が「7.00」で続く。ベルギー戦でセンセーショナルなゴールを挙げた乾は、出場した4試合のうち3試合は高評価を得たが、ポーランド戦での“時間稼ぎ”で得た「4」評価が響いてしまい、最終スコアは「6.75」に。日本代表内でも5番手にとどまった。

 この成績表で全体の1位となったのは、イラン代表のGKアリレザ・ベイランバンドの「8.67」。イランはグループリーグで敗退したが、守護神は3試合すべてに先発、フル出場。安定した守備でチームを支えた。第3戦でクリスチアーノ・ロナウドのPKを止めたシーンは、世界に鮮烈な印象を与えたに違いない。

 また、ベイランバンド同様、3試合以上出場した選手で「8.00」をマークしたのが、クロアチア代表のルカ・モドリッチ、ベルギー代表のエデン・アザール、ペルー代表のアンドレ・カリージョの3人。香川はこれに次ぐ数字となり、同率で並んだベルギー代表のケビン・デ・ブルイネとともに、全体で5位にランクインする高評価を受けたのだ。
【関連記事】
「きっと最高のバトンリレーになる」と太鼓判! 米メディアが“4年後の日本代表”の先発を予想!
なんと長友が総合2位、本田が5位の快挙! ロシアW杯“ツイッター反響ランキング”が驚きの結果に!
「日本は完全にヤバいチームだった!」英紙記者が“ベルギー戦”を大会ベストゲームに選出!
「タトゥーのデパートだ!」 米ファッション誌がネイマールらW杯スターの“酷い”入れ墨を特集
「日本は教本を破り捨てた!」米メディアが“アジアの常識”を覆した西野ジャパンを大絶賛!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ