• トップ
  • ニュース一覧
  • 【藤田俊哉の目】日本のMVPは乾! 真の強豪国入りを果たすために個のチャレンジを継続すべし

【藤田俊哉の目】日本のMVPは乾! 真の強豪国入りを果たすために個のチャレンジを継続すべし

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月04日

強い意志と明確なプランをもって、ベスト8入りというミッションに挑んだ西野ジャパン

そのハイパフォーマンスで日本を翻弄したE・アザール。日本戦ではFIFA公式のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 残念ながら8強入りはできなかった。細かな課題もあるだろう。それでも西野監督と選手たちのチャレンジは多くの方々に感動を届けた。また、日本サッカーの成長と可能性を世界へと発信もした。同時にこれから日本サッカーが目指すべき方向性も示したのだから、実りの多い大会となった。
 
 これまで日本はワールドカップで二度決勝トーナメントへと進出し、いずれもベスト8の壁を破れずにいる。最初のトライとなった2002年日韓大会ではトルコ相手に0対1で敗れた。2度目のトライとなった2010年南アフリカ大会ではパラグアイと対戦し、0対0のPK戦で涙を呑んでいる。そして今回、日本はおそらくこれまで対戦した相手のなかで一番強いと思われるベルギーと打ち合い、2点のリードを奪って、まさに優勝候補をコーナーまで追い詰めたのである。
 
 ブラジル対メキシコでも交代選手によって勝負は決した。強豪国には、ビッグクラブに所属している選手がベンチにいる。極論を言えば、23人の誰が出ても変わらない戦力を保持しているのが強豪国であると言える。そんな強豪国だって、歯車がひとつでも狂えば、今大会のドイツのようにグループリーグで敗退してしまう。チームの総合力が問われるのが、ワールドカップという舞台なのだ。
 
 そうしたなか、西野監督は就任2か月という短期間のなかで、素晴らしいチームを作り上げた。これまでのワールドカップはグループリーグ3試合をマネジメントするだけで精一杯だったのが、今大会は決勝トーナメント1回戦を含む4試合をマネジメントして臨んだ。グループリーグ以降は“出たとこ勝負”という意識だったかもしれない。
 
 しかし今回はこれまでの日本とは違って、強い意志と明確なプランをもって、ベスト8入りというミッションへと挑んだのである。あらためて言うことではないが、日本を短期間で世界と互角に戦えるだけのレベルにまでチーム力を押し上げた西野監督の采配なくして、今大会の日本の戦いを語ることはできない。
 
【関連記事】
【ロシアW杯総括】ひと言で言えばドラマチック。日本は最高のエンターテインメントを提供した
【藤田俊哉の目】欧州スカウト陣も日本代表をチェック! 3試合でさらに価値を上げたのは?
「心を砕かれたはずなのに…」 伊メディアがベルギー戦後の日本代表のロッカールームの美しさを絶賛!
「私なら首根っこを掴んで怒鳴ってる」名将カペッロ、逆転弾を呼び込んだ本田圭佑のCKに苦言!
柴崎岳がステップアップ移籍に意欲「今考えているのはCLに出ること」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ