【藤田俊哉の目】日本のMVPは乾! 真の強豪国入りを果たすために個のチャレンジを継続すべし

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月04日

2点を奪ってからどう戦うべきか。W杯で勝ち切る難しさを痛感

ベルギー戦では見事な追加点をゲット。開幕前の親善試合も含め、乾はここぞで効果的な一発を決めてきた。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 まさに死力を尽くした90分だった。
 
 決勝トーナメント1回戦で、日本はベルギー相手に後半途中まで2点のリードを奪ってみせた。最終的に圧力に屈する形で逆転負けを喫し、初のベスト8入りを逃したものの、西野監督率いる日本は、いまの“ベスト”を尽くして、日本のファンに素晴らしい試合を届けてくれた。


 ロシアの宿泊ホテルで、私はメキシコ・サポーターの一団と一緒になった。ベスト8進出をかけたブラジル戦を翌日に控えた彼らのボルテージは最高潮に達していた。別のフロアにいたにもかかわらず、彼らの歌声は朝まで聞こえた。しかしブラジルに負けた翌日のホテルはいつもどおりの静けさを取り戻した。ワールドカップ常連国であるメキシコだって28年間ベスト8の壁を打ち破れないでいる。それほどハードルが高いものなのだ。
 
 そんなベスト8入りの夢に向かって、日本はベルギーとの一戦で素晴らしい戦いを見せてくれた。戦前、0対0で前半を折り返せば勝機が見えてくる、と読んでいたが、まさに理想的な展開となった。日本は粘り強い守備でベルギーの攻撃に耐えて無失点で前半45分を終えると、後半、一瞬の隙を突いて原口、乾のスーパーゴールで2点のリードを奪うことに成功した。
 
 こんな展開を誰が予想できただろうか。オッズメーカーの予想でも、ベルギーの勝利オッズが約1.4倍に対し、日本が勝つ確率は9.6倍ほどついていたという。10回に1度勝てるか、勝てないかの相手。そんなベルギーから先制点を奪ったばかりか、追加点ももぎ取ってみせたのである。
 
 この時点で時計の針は52分。残り時間、日本はこのまま逃げ切ることができれば、夢のベスト8にたどり着けたのだが、サッカーの神様はこの日、日本に微笑んでくれなかった。
 
 2対0になってから、追いかけるベルギーは高さのあるフェライニ、スピードのあるシャドリを投入。2枚のカードを切って圧力をかけてきた。対して日本は本田、山口というカードを切って3点目を狙いにいった。“本気”になったベルギーの猛攻を凌ぐだけの術と余力が、残念ながら日本には残されていなかった。
 
 2点を奪ってからどう戦うべきか、ワールドカップで勝ち切る難しさを痛感した。限られたテストマッチを消化しつつ、わずか2か月ほどの期間でチーム作りを急ピッチで進めてきた日本は、とりわけ、試合の進め方という点において、チームとしての引き出し(オプション)は充分ではなかったかもしれない。チームとして積み重ねてきた経験とともに、“個”の力の差が最後に出てしまったと言える。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ