【日本×ベルギー展望】限界突破なるか? “赤い悪魔”を心理的に揺さぶるには…

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年07月02日

ベルギーに“違和感”を与えることが大事

ベルギー戦は吉田の守備がひとつポイントになるだろう。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 おそらくベルギーは日本になんて負けるとは思っていないはずだ。前半で何点か奪って、後半の早いうちに交代選手を有効できればと、そんなシナリオを描いているかもしれない。
 
 仮にそうならば、日本はベルギーの焦りを誘うためにできれば前半を0-0で終えたい。ベルギーに「なぜか攻め切れない」という違和感を与え、プレーのリズムを乱すことができれば接戦に持ち込める可能性はある。要するに、心理的な揺さぶりをかけられるか、ということだ。いずれにしても、相手の攻撃を封じるうえでルカクなどプレミア勢の特徴を知る吉田麻也がキーマンのひとりになるだろう。
 
 ただ、グループリーグでどの試合も失点しているように、どれだけ警戒してもクリーンシート(完封試合)を達成するのは極めて困難なミッションだ。やはり、奇跡のアップセットを起こすためにはゴールが不可欠になる。
 
 ベルギーは豪華絢爛な攻撃陣に比べると、守備陣がやや心許ない。故障がちなヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・C)もベストコンディションで臨めるか分からない状況だけに、日本が付け入る隙はありそうだ。
 
 さすがに1対1では分が悪いので、CFの大迫勇也、2列目の原口元気、香川真司、乾貴士、ボランチの柴崎岳らのコンビネーションでの崩しに期待したい。
 
 長友佑都が「ワクワクする」というように、世界屈指の強豪とワールドカップでガチ勝負ができることは幸せなこと。選手たちには「遊び心」(本田)も持って挑んでもらいたい。これまでベスト16の壁に阻まれてきたが、限界突破なるか。日本にとって、大きなチャレンジが間もなく始まる。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ