「日本には少しの運があったけど…」ベルギーの主将アザールは楽勝ムードに何と答えた?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月02日

「早めに仕留めにいく!」と意気込んだアザール。

前日会見に登場したアザールは、引き締まった表情で日本戦への意気込みを語った。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 日本との決勝トーナメント1回戦に臨むベルギーは、巷で流れている「圧倒的優位」の風潮に釘を刺している。現地時間7月1日、試合の前日会見に臨んだベルギー代表の主将エデン・アザールは、「楽に勝てるなんて思っていない」と語気を強めた。

 今大会のベルギーは、まさに絶好調だ。グループリーグ1節のパナマ戦では3-0、2節のチュニジア戦は5-2と大勝。そして3節のイングランド戦では、アザールやルカクといった主力を温存させながら1-0と競り勝って、首位通過を決めた。

 一方の日本は、最終節にポーランドに敗れながらも、フェアプレーポイントの差で2位の座を手にし、辛うじて決勝トーナメントに駒を進めてきた。

 この2か国の対戦については、ベルギーが欧州主要リーグでプレーする選手を豊富に揃えるなどタレント力の差を誇ることもあり、米国メディア『Sporting News』は、「ベルギーが95%近くで有利となっている」と報じたほどだ。

 しかしアザールは、そうした周囲の楽観ムードを戒め、引き締まった表情で次のように続けた。

「日本がここに残っているというのは、それだけの力が備わっているからだ。確かに、少しの運があったことは間違いない。だけど、彼らは質が高い。欧州のクラブでプレーする選手もいる。真剣にやらないといけない。もし、『簡単に勝てる』と少しでも思ったら、僕らは負ける。早い時間帯から仕留めにいって、試合を終わらせたいね」

 ここを勝ち抜けば、ベスト8ではブラジル対メキシコの勝者と対戦することになる。こちらはネイマールを擁するカナリア軍団が優位と見られており、アザールには、記者から「ブラジル戦のことを考えているか?」という質問が飛んだが、「レッドデビルズ」のリーダーは、冷静に返している。

「まず、日本との試合のみを考えている。勝てるかも分からないからね。もっと言えば、ブラジルだってメキシコに勝つか分からない。だから、ブラジルのことなんて考えていないよ。僕らは日本戦のことだけを考えているんだ」

 外野の声をよそに、日本に対して警戒心を強めたアザールを中心とするベルギーは、いかなるパフォーマンスを見せるのか。いずれにしても、西野ジャパンにとって大きな脅威となることは間違いない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ