【セルジオ越後】皮肉な16強進出。フェアプレーを評価されたのに、まさかの大ブーイングとは

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月29日

次、もし負ければ、やっぱりね、と思われるよ

他会場の状況を見て、西野監督は0-1で負けている終盤、現状維持を指示。これを采配と呼べるかは大いに疑問だよ。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 セネガルがもし同点に追いついていたら、時間稼ぎをしていた日本は敗退の危険性があった。でも、リスクはあったとはいえ、ベンチからの指示は現状維持。これを“采配”と言っていいのかは大いに疑問だよ。
 
 もちろん、あの状況で勝ち上がるには、この方法がベストだったのかもしれない。日本の選手たちはベスト16に進出できて喜びたいけど、でもどこか違和感があり、ともすれば傷ついたとしたら、とても残念なことだ。
 
 ただ、ポーランドに勝てばすべては丸く収まっていたんだ。前の試合からスタメンを6人入れ替えたけど、先発に抜擢された武藤も岡崎も宇佐美も、山口も高徳も槙野も、インパクトある活躍を見せられなかった。
 
 日本は層の薄さを露呈したと同時に、やはり実力面でまだまだ世界の舞台では厳しい現実を突きつけられたと言える。結果は嬉しいけど、課題がたくさん見えたゲームでもあった。
 
 相手の退場で数的優位を得て、勝点3を引き寄せたコロンビアとの初戦もそうだけど、今回の日本の勝ち上がりは、実力で突破した、と堂々と胸を張って言えない部分があるような気がしてならないんだ。
 
 運が良かったとか、ハプニングに助けられたとか、そうした不名誉な評判を吹き飛ばすためにも、ラウンドオブ16の戦いは絶対に勝たなければならない。もし負ければ、やっぱりね、と思われかねない。次の試合は、日本の真価が問われる大一番になるよ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ