【セルジオ越後】皮肉な16強進出。フェアプレーを評価されたのに、まさかの大ブーイングとは

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月29日

ワールドカップは世界中の人が見ているのに…

拍手ではなく、ブーイングを受けながらのグループリーグ突破は、極めて珍しいケースだ。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 グループリーグ第3戦で、日本はポーランドに0-1で敗れた。裏カードではコロンビアが1-0でセネガルに勝利。この結果、勝点6のコロンビアが首位通過を果たし、1勝1分1敗で勝点4同士の日本とセネガルは、得失点差、総得点でも並び、最終的には“イエローカードが二枚少なかった”日本がグループ2位となり、決勝トーナメント進出を果たした。
 
 日本の2大会ぶりの16強入りを後押したのが、イエローカードやレッドカードを数値化したフェアプレーポイントだった。3試合を終えた時点で、日本はイエロー4枚のマイナス4ポイントだったのに対し、セネガルはイエロー6枚のマイナス6ポイント。2ポイント分、日本はセネガルより“フェア”にプレーをしたということだろう。
 
 0-1で迎えた終盤、コロンビアが先制したという情報が入ってきたんだろうね。「このままならフェアプレーポイントの差でセネガルを上回り、2位通過できる」という状況で、日本は無理に攻めようとせず、一方、2連敗で日本戦を迎えたポーランドは今大会初勝利を目前に、やはり攻めようとはしなかった。
 
 時計の針を進ませるためだけに、両チームがいたずらにパスを回す。スタンドからはブーイングが聞こえてきた。皮肉なもんだよね。結果的にイエローカードがセネガルより少なく、フェアプレーを評価されて勝ち上がった西野ジャパンだったけど、時間稼ぎをしたことで、拍手ではなく、大ブーイングを浴びながらグループリーグ突破を決めるハメに。これは極めて珍しいケースだし、なにがフェアプレーなのかよく分からなくなってきたよ。
 
 勝利を目指し、堂々と勝負して、その結果、このルールが適用されて決着がつけばいい。でも、今回は違うよね。当たり前だけど、ワールドカップは世界中の人が見ている大会だ。そのなかで、日本の決勝トーナメント進出はどう見られたのか。どう評価されたのだろうか。祝福しているのは、おそらく日本だけなんじゃないかな。それが何を意味するのか。この点は冷静に振り返るべきだよ。
 
 手段にはこだわらず、なんでもいいから勝てばいい? そう考えることが一番、フェアプレーに反しているような気がするけどね……。

【PHOTO】現地直送第2弾! ロシアW杯を彩る『半端ない』美女サポーターたち

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ