「世界的な茶番だ」“フェアプレー”でGL突破を決めた日本代表に英メディアが嘆き!【ロシアW杯】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月29日

試合終盤はひたすらボールを回し続けた日本。

試合後、日本代表の面々は疲労困憊といった様子でピッチに座り込んだ。それほどまでに、精神をすり減らすギリギリの試合だった。 (C) Getty Images

画像を見る

【6月28日・ヴォルゴグラード|グループH 日本 0-1 ポーランド】

 引き分け以上でグループ突破が決められる一戦で、日本は立ち上がりから前線からのプレッシングで、エースのロベルト・レバンドフスキに繋ごうとするポーランドのビルドアップを封じる。一方の攻撃では、先発に抜擢された宇佐美貴史、武藤嘉紀の素早い攻撃で果敢に敵ゴールを脅かした。

 その後、前半をスコアレスで折り返した試合は、今大会2連敗で、何とか勝どきを上げようとするポーランドが均衡を破る。59分、ラファル・クルザワが供給したFKに、ヤン・ベドナレクが合わせてネットを揺らした。

 時間の経過とともに0-1での決着が濃厚となるなか、同時キックオフの試合で、コロンビアが1-0でセネガルをリード。その結果、日本はこのままでいけば、警告カードの枚数による「フェアプレーポイント」で2位になれるため、試合終盤はリスクを冒さずに自陣でのボール回しを徹底した。

 結局、2試合のスコアに動きはなくタイムアップ。西野ジャパンは他力本願ながら、2010年南アフリカ大会以来となる決勝トーナメントへ駒を進めた。

 この試合に対し、ライブ中継していた英公共放送『BBC』は「茶番だ」と綴って、珍しいレギュレーションによるグループ突破にコメントを寄せた

「この手のレギュレーションで、グループの雌雄を決するのは狂っている。FIFAの決めたルールは明らかに恥ずかしい。おかげで試合は、世界的な茶番となった。ただでさえ、見どころが少なかったのに、さらに退屈なものとなった。W杯という舞台なのだから、もっと良い決定方法があるはずだ」

 何はともあれ、次なるステージへ駒を進めた日本。2大会ぶりの決勝トーナメントは一発勝負となるため、これまで以上に気を引き締めて臨む必要がありそうだ。

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ