【現地発】「MBAPPE」の正しい読み方。エムバぺ? ムバッペ? ンバぺ?

カテゴリ:ワールド

結城麻里

2017年09月19日

「バッペ」という英語読みで、明らかな間違い。

エムバぺがネイマール、カバーニと組む豪華3トップは、今シーズンからパリSGの新たな看板となった。(C)Getty Images

画像を見る

 電話番号をプッシュすると、すぐに「お~、ボンジュール、マリ~」と、懐かしい声が響いてきた。モナコでチャンピオンズ・リーグ(CL)ファイナリストに輝いた2004年当時から長く広報を務め、現在は副チームマネージャーとして活躍している、ピエールジョことピエール=ジョゼフ・ガドー氏である。
 
 ガドー氏は当然ながら、怪童エムバペのプロ・デビューに立ち会い、その後の大ブレイク、リーグ・アン優勝&CLベスト4という煌びやかな冒険を連日一緒に生きた人。しかも自身もアフリカのコートジボワールがルーツだ。
 
 そのガドー氏は、「日本人が呼び方を正確にしようというのは、本当にリスペクトに溢れているねえ」と優しく応じてから、きっぱりこう言った。
 
「フランス語では、口を開いてエと言ってからムと閉じてすぐバペと続ける。対してアフリカでは、口を最初から閉じたままンと言い、バペと続ける。つまりフランス語ではエムバペ、アフリカ読みならンバペなんだよ」
 
 だが「バペ」については、トーンを上げて否定した。「バペは間違いだ! アフリカでエヌゴロ・カンテをゴロ・カンテと言ったら誰もわからない。みんな首を傾げるよ」
 
 フランスでは試合中継や討論の最中に、「エムバペ」を主に使いながらも時折「バペ!」と叫ぶことがあるが、これはあくまでも“ちょっとカッコいい略”にすぎないようだ。
 
 また、「バッペ」とつまることもないそうだ。これは単純に、英語読みを当てはめたものだろう。フランス語では、子音が2つ並んでも自動的に「ッ」にはならない。たとえば、今夏にリヨンからバイエルンへ旅立った「TOLISSO」も「トリッソ」ではなく「トリソ」。イタリア人だが、「BALOTELLI」もフランス語読みでは「バロテリ」だ。音によってはつまることもあるが、基本的にはほとんどつまらない。
 
【関連記事】
カバーニとネイマールがPKキッカーを巡って言い争い…指揮官は紳士的解決を訴える
「本当にすごい競争だった」――パリSG会長が明かすエムバペ争奪戦の舞台裏
「インテリスタのヌードモデル」がセクシーすぎる! 得点時の動画では…
18歳のガールフレンドがいる? ドルトムントの12歳の神童に再び‟年齢詐称疑惑“が浮上
ルーニー、飲酒運転を認めて有罪に! 科された処罰は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ