【現地発】「MBAPPE」の正しい読み方。エムバぺ? ムバッペ? ンバぺ?

カテゴリ:ワールド

結城麻里

2017年09月19日

フランス語では「エム・バ・ペ」で3つの音符に。

今夏にモナコからパリSGへ約230億円で移籍した18歳の怪童。名前の正しい読み方とは?(C)Getty Images

画像を見る

 プロデビューから1年半のたった18歳にして市場価格がグングン伸び、今夏にモナコからパリSGに1億8000万ユーロ(約230億円/支払いは来夏)で驚愕の移籍を果たしたキリアン・エムバペ。「MBAPPE」の表記を巡って日本では「エムバぺ」、「ムバッペ」、「ムバペ」、「エンバぺ」、「ンバペ」、「ンバッペ」、「バぺ」と様々な呼び方が飛び交っている。
 
 はたしてどれが本当なのか? その真相を突き止めてみることにした。
 
 まず、フランス紙『レキップ』の看板ジャーナリスト、ヴァンサン・デュリュック氏に質問してみると、こんな答えが返ってきた。
 
「フランス語では『エムバペ』だよ。エムビア、エムビラなどと同じさ。M(エム)の発音をそのまま出すんだ」
 
 ただし、こう言うときのフランス語は、日本語で「エ・ム・バ・ペ」と4つの音節を区切って発音できるのとは異なり、「エム・バ・ペ」と3つの音節になる。
 
 例えば、日本語で「進む」と言うときの「む」は、子音Mの後ろに母音Uを伴う音だが、ここで言うフランス語の「ム」はMの子音だけ。したがって「エムバペ」と「エンバペ」の中間のような発音になる。
 
 ただデュリュック氏は、「確かに面白い質問だ。というのも、かつてリヨンに『エヌゴッティ(N'Gotty)』という選手がいたが、サポーターは『ンゴッティ』と呼んでいたんだ。アフリカ独特の呼び方があるのかもしれない。そのあたりはアフリカの専門家に聞いた方がいいだろう」とも助言してくれた。
 
 そこで、パリのお洒落な観光地サンジェルマン・デ・プレで働くセネガル人料理人に声を掛けて質問してみた。すると「アフリカでは、苗字の最初につくMやNは、みんなンになるんだ。つまり、ンバペだ」との回答。しかも「カメルーンでは、ンバペは鳥を捕る人たちのことだと思うが、そこは断言しきれないな」とも言っていた。
 
 これを聞いた私は、「え~っ、鳥を捕る人?」と思わず叫んでしまった。まるで『銀河鉄道の夜』みたいな話である。結果、「鳥」はともかく、もう少し調査することにした。最適任者はあの人しかいない!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ