「本当にすごい競争だった」――パリSG会長が明かすエムバペ争奪戦の舞台裏

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月12日

エムバペとネイマールの獲得で黄金期を築けるか?

パリSGデビュー戦となったメツ戦では早速ゴールを決めたエムバペ。そのパフォーマンスを見る限り、新天地でも期待以上の働きをしてくれそうだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンが投じた移籍金は2億3800万ユーロ(約304億6400万円)と言われている。その驚愕の補強の目玉となったのは、他ならぬ世界最高額となる2億2200万ユーロ(284億円)の値がついたブラジル代表FWのネイマールだ。
 
 そして、そのネイマール同様に今夏の目玉補強となったのがキリアン・エムバペ。今シーズンはレンタルでの加入ながら、正式に買い取りが決まる来夏には、モナコへ1億8000万ユーロ(約236億円)が支払われることになっている。
 
 パリSGのナセル・アル・ケライフィ会長は、「信じてほしい。本当にすごい競争だったんだ」と、マンチェスター・シティやアーセナル、R・マドリー、リバプールなどの名前も浮上したエムバペ争奪戦の激しさを振り返った。
 
「いくつかのクラブはウチ以上の額を提示していた。あらゆるビッグクラブが彼を望んだ。だが、我々は彼にプロジェクトと野心を説明した。彼はフランス人であり、パリジャンだ。彼の心にはパリSGがある。フランスに残り、チャンピオンズ・リーグでフランスカラーを守ることを望んだんだよ。
 
 2か月で彼や家族と3回会ったが、まったく金の話はしなかった。驚いたよ。彼らが話したがったのは、サッカーのビジョンや彼自身の将来、プランのことだけだった」
 
 ネイマールは25歳、エムバペは18歳と若く、アル・ケライフィ会長は、「エムバペはあと15年、ネイマールは9~10年はやれる。できるだけ彼らを引き留めたい」と、両選手と長期にわたって黄金期を築きたいと意気込んだ。
 
 はたして、パリSGは、その野心を現実のものとすることができるのか? まずはクラブの悲願であるチャンピオンズ・リーグ制覇に向けて現地時間9月12日に行なわれるセルティック戦(グループステージ)を確実にモノにしたいところだ。

欧州サッカークラブ選手名鑑の完全版!
『2017-2018ヨーロッパサッカー・トゥデイ』好評発売中!
定価:1204円+税
インターネット販売はこちら

画像を見る

【関連記事】
“ネイマール・バブル”に沸くパリSG、グッズ販売絶好調で「ユニホームが足りない」
イタリアの政治家が明かした「キム委員長、お気に入りのメガクラブ」
デブールを4試合で解任のクリスタル・パレス、後任は「イングランド代表史上最悪」の老将?
日本人欧州組の「採点」まとめ。初ゴールの武藤、勝利に貢献した柴崎の評価は?
井手口陽介のリーズ移籍はどうなる!? 地元紙が「労働許可証」の可能性に言及

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ