【大宮】2年連続の躍進なるか?大前へのルート開拓がチーム進化の道筋に

カテゴリ:Jリーグ

平野貴也

2017年02月15日

チームが優先したのは立ち返る土台の再構築。固い守備とボール保持だった。

攻撃の形を確立するには、新加入の茨田(40番)や長谷川をいち早く融合させる必要がある。写真:平野貴也

画像を見る

 もっとも、攻撃の構築に時間がかかることは、予想されていた。これまでの大宮は、圧倒的なキープ力を誇るFW家長が中盤に下りてボールを収めることで全体の押し上げと人数をかけた攻撃に移るパターンが多かった。個人の能力を生かした形だっただけに、単純な代役は見つからない。
 
 連係力でカバーしたいところだが、今季は、攻撃的MFに長谷川アーリアジャスール、ボランチに茨田陽生と新加入選手が主力となる流れになっており、まだ連係不足だ。サイドやボランチなど中盤で幅広く起用される可能性があり、既存戦力の中心であるMF横谷繁も、キャンプを終えた段階で「まだチームとして昨季のベースとなっていたポゼッションの練習しかしていないので、攻撃は個々の技術や判断の勝負になってしまっている」と苦心している様子だった。
 
 早期の仕上がりを期待すると、やや不安になる話ではある。ただ、同じタイミングで、渋谷監督は「組み合わせや力を見極めている段階で、アタッキングサードに入るところから先の話は、まだ図版での説明とシュート練習くらいしかしていないのだから、当然。それでも選手がそれぞれの場面でやろうとしてくれている」と意に介しておらず、チームの仕上げに自信を示していた。
 
 チームが優先したのは、基盤となる守備とボール保持を、新加入選手を多く起用した状態でも昨季同様に行えるようになることだ。立ち返る土台の再構築と言える。主軸を入れ替えたチームが、一気に崩壊することを避けるために必要なことだ。渋谷監督は、攻撃の形作りを急がなかったことについて次のように述べている。
 
「シンプルに形を決めて伝えれば、出来ると思う。でも、それだけではダメ。どこかで頭打ちになってしまう。僕は、一昨年のJ2で学んだ。ひとつの形を作って完成度を高めていっても、選手が変わるだけになってしまうので、勝ち続けられない。だから、形ではなくて、ポジショニングの意味を分かってもらわないといけない。メンバーを固定していないから、具体的な形はまだ伝えられない」
 
 ある程度、時間がかかることは覚悟しているようだ。当然、開幕戦には間に合わせたいところだが、焦っては意味がない。クラブが今季の目標を「勝点50以上、9位以上」と設定したのは、チーム再構築の難しさも考慮したものであるはずだ。
【関連記事】
【大宮】怒りとブーイングは覚悟の上…大前元紀がプロ10年目に見据えるA代表への道
新たにJ1に降り立った「注目の助っ人6選」
けやき坂46・影山優佳さんが「サッカー愛」、独自の「サンフレッチェ歴代ベスト11」を語る!
柴崎岳の「不安障害」をテネリフェが認める…スペインで最初の難関を乗り越えられるか?
「動いた清武」と「動かなかった本田と香川」。この違いは最終予選にどう出るか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ