【セルジオ越後】制度的に穴だらけのCS。来年から廃止になって、選手も喜んでいるだろう

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年12月04日

準決勝は1発勝負なのに、なぜか決勝はホーム&アウェー。不思議だと思わない?

興梠に先制点を奪われたものの、鹿島の選手たちに動揺はなかった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 試合を見ていても、そういう精神状態なんだろうと感じたし、実際に前半で同点に追いついてしまった。そしてレッズの隙を突いて、決勝点まで奪った。まさに試合巧者だよ。
 
 石井監督の采配も納得できるものだったね。1-1の時にボランチの小笠原を代えて右SBの伊東を入れたのは、前への推進力を上げるためのもの。2-1になった後は、あえて途中出場の鈴木を下げて赤崎を投入し、守備の意識を高めた。こうした交代策で、ピッチ上の選手たちも、今何をすればいいか、が分かったはずだ。
 
 アントラーズはやることが明確で、反対にレッズはいろんな勝ち筋があるから迷いが生じた。サッカーは、こういうメンタル面の要素が、試合の行方を大きく左右するケースがある。今回の決勝は、まさにそんな展開だったよ。
 
 ただ、僕は今年の年間1位は、レッズだと思っている。チャンピオンシップという制度によってアントラーズが優勝したけど、リーグ戦での勝点は15も離れているんだ(浦和は74、鹿島は59)。リーグ王者は、年間を通してコンスタントに結果を出したチームに与えるべき。これは僕だけじゃなく、世界の常識だろう。
 
 アントラーズの優勝に文句を言っているわけではないよ。彼らは定められた制度のなかで、きっちり結果を出した。それは素晴らしいことだ。でも、Jリーグが定めた制度は、穴だらけで、とてもワールドスタンダートとは言えないのも理解してほしい。
 
 そもそも、Jリーグ自身が、チャンピオンシップが失敗だったことを認めているからね。来年から、再び1シーズン制に戻すんだ。本当に素晴らしいものなら、2回で止めるなんて判断にはならないでしょ。
 
 去年、今年と2回行なわれたチャンピオンシップは、レギュレーションが複雑だし、理解できないファンやサポーターもいたと思う。
 
 例えば、準決勝は1発勝負なのに、なぜか決勝はホーム&アウェー。不思議だと思わない? 決勝も一発勝負にするか、準決勝もホーム&アウェーにするか。どっちかに統一したほうがわかりやすいでしょ。つまりは、単純に試合数を増やしたかったんだ。興行重視の制度ということだよ。
【関連記事】
【CS決勝第2戦|採点&寸評】浦和×鹿島|金崎が“王者”の輝きを放つ2ゴール。一方、PK献上、パワープレー不発の槙野に最低点
【CS決勝】金崎がPKキッカーを強奪!?「優磨(鈴木)には悪いですけど、もらいました(笑)」
浦和指揮官がコロコロ変わるJのいびつな大会方式に苦言。「しっかり検証し、公の場で話すべき」
【鹿島】年間3位からの王座も、小笠原 「1位で挑めればよかったが、ルールはルール、嬉しく思う」
【CS決勝】浦和 1-2 鹿島|年間3位の鹿島が逆転で7年ぶり8回目の優勝! アウェー得点数で上回る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ