「代表だと下手くそになる」アグエロの告白に潜む“アルゼンチンの危機”

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2016年11月10日

自国ファンの野次にアグエロが弱気発言

苦境に立たされているアルゼンチン代表は、エースのメッシが戦線に復帰。難敵相手とはいえ11月の2連戦はなんとしても好結果を残したい。(C) Getty Images

画像を見る

 ただ、それ以上に大きいのは、メンタル面だろう。簡単に言ってしまえば、自信を失っているのだ。
 
 10月11日の予選10節、近年最低レベルと言っていいお粗末な試合を演じ、ホームでパラグアイに0-1の敗戦を喫した後、セルヒオ・アグエロは自国ファンの大ブーイングを背に、ロッカールームへと続く通路でこんな弱気な言葉を漏らしている。
 
「アルゼンチン代表のユニホームを着てピッチに入る時、自分がものすごく下手な選手であるように感じるんだ。試合前のウォーミングアップ中からそういう感覚がある。(所属先の)マンチェスター・シティではあり得ないことだけど……」
 
 このアグエロをはじめとした現代表メンバーの多くは、2014年のブラジル・ワールドカップ、15年のコパ・アメリカ、そして今年のコパ・アメリカ・センテナリオと、3年連続でタイトルの懸かったファイナルで敗れるという屈辱にまみれてきた。
 
 優勝できないチーム――。
 
 そんなレッテルを貼られ、国民の代表チームを見る目は厳しくなる一方だ。それがプレッシャーとなり、選手たちの思考を鈍らせ、足を重くしているであろうことは想像にかたくない。
 
 11月の連戦にはメッシも帰ってくる。アグエロやゴンサロ・イグアインといったワールドクラスのタレントが、所属クラブでの彼らと同じようなパフォーマンスを発揮できれば、好調ブラジルを敵地で沈めることも、決して不可能ではないはずだ。
 
 そのためにも、エドガルド・バウサ監督のメンタル面でのアプローチが非常に重要になってくる。
 
 失われた自信を、いかにして取り戻させるか――。
 
 アルゼンチンが負の連鎖を断ち切り、この危機的状況から脱するには、まずはそこからだ。
【関連記事】
【ミラン番記者】本田圭佑は「チーム内序列」で悲惨な順位…1月の退団は十分にありえる
メッシ、「黄金の左足」のタトゥーを一新!
【南米クラシコ展望】最高の状態で臨むブラジルか? メッシ復帰で巻き返しを期すアルゼンチンか?
ネイマールに人気集中のブラジル代表、エース不在の練習で最も声援を受けたのは!?
トランプの勝利を決定付けた地に、“怒れるメキシカン”が乗り込む!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ