「代表だと下手くそになる」アグエロの告白に潜む“アルゼンチンの危機”

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2016年11月10日

1970年大会以来の予選敗退が現実味を帯びている

メッシ不在の予選10節・パラグアイ戦では10番を背負ったアグエロだが、本来の輝きを見せられず、チームも0-1で敗れた。 (C) Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップの南米予選で、アルゼンチン代表が近年にない厳しい状況に置かれている。
 
 10節を消化した現時点で、参加10か国中6位。オセアニア地区1位との大陸間プレーオフに回る5位の座からも転落したのは、ボリビアが選手起用に関するルール違反で勝点を剝奪され(2-0で勝利していたペルー戦と0-0で引き分けたチリ戦が、いずれも0-3の敗戦扱いとなった)、これにより勝点を加算されたチリが5位に浮上したためだが、いずれにしても、1970年以来となる予選敗退が現実味を帯びていることは間違いない。
 
 そんなアルゼンチンが、今予選最大の正念場を迎える。
 
 11月10日にアウェーでブラジル(11節)、同15日にホームでコロンビア(12節)と対戦するのだ。現在予選で首位に立つ宿敵ブラジルはもちろん、4位につけるコロンビアもハメス・ロドリゲスら好タレントを擁する強敵である。仮にここで、万が一にも連敗を喫するようなことがあれば、ロシアの大地がさらに遠く霞むだろう。
 
 不振の原因はいくつか考えられる。とりわけ、大黒柱のリオネル・メッシを故障で欠いたのは大きな誤算だった。エース不在のチームは、8節からの3試合でひとつの勝利も挙げられなかったのだ(2分け1敗)。
【関連記事】
【ミラン番記者】本田圭佑は「チーム内序列」で悲惨な順位…1月の退団は十分にありえる
メッシ、「黄金の左足」のタトゥーを一新!
【南米クラシコ展望】最高の状態で臨むブラジルか? メッシ復帰で巻き返しを期すアルゼンチンか?
ネイマールに人気集中のブラジル代表、エース不在の練習で最も声援を受けたのは!?
トランプの勝利を決定付けた地に、“怒れるメキシカン”が乗り込む!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ