• トップ
  • ニュース一覧
  • 【南米クラシコ展望】最高の状態で臨むブラジルか? メッシ復帰で巻き返しを期すアルゼンチンか?

【南米クラシコ展望】最高の状態で臨むブラジルか? メッシ復帰で巻き返しを期すアルゼンチンか?

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2016年11月10日

ブラジル:チッチ政権誕生後は破竹の4連勝。

両国のカギを握るネイマール(左)とメッシ(右)。バルセロナで切磋琢磨する2人は、果たして母国を勝利に導けるか? (C) Getty Images

画像を見る

 チッチが新監督に就任してから4戦全勝と上昇気流に乗るブラジルは、ほぼ最高の状態で「南米クラシコ」(11月10日のワールドカップ南米予選11節)に臨めるだろう。

 出場停止のペナルティーを前節で消化した大黒柱のネイマールが戻ってくるうえ、怪我で離脱していたドグラス・コスタも復帰。怪我明けのカゼミーロの出場は微妙だが、アンカーはマンチェスター・Cで好調を維持するフェルナンジーニョで十分に埋まる。
 
 チッチの下でセレソン・デビューを飾り、4試合・4得点と爆発しているCFの新星ガブリエウ・ジェズスをはじめ攻撃陣は好調を維持しているだけに、ミランダを軸とする守備ブロックが、リオネル・メッシ擁するアルゼンチンの豪華アタッカーたちをどこまで抑えられるかが、大きなポイントに なるだろう。
 
 守備にある程度重きを置くなら、メッシと対峙する可能性の高い左SBは、マルセロではなくフィリペ・ルイスを起用するケースも十分に考えられる。
 
 会場は2年前のワールドカップでドイツに1-7の惨敗を喫したミネイロン。最大のライバルを叩き潰して悪しきイメージを払拭しようと、選手のモチベーションも高いはずだ。
 
【11月の招集メンバー】
GK
アリソン(ローマ=ITA)
ウェベルトン(アトレチコPR)
アレックス・ムラーリャ(フラメンゴ)
 
DF
ダニエウ・アウベス(ユベントス=ITA)
チアゴ・シウバ(パリSG=FRA)
マルセロ(レアル・マドリー=SPA)
ミランダ(インテル=ITA)
フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリー=SPA)
マルキーニョス(パリSG=FRA)
ジウ(山東魯能泰山=CHN)
ロドリゴ・カイオ(サンパウロ)
ファグネル(コリンチャンス)
 
MF
ウィリアン(チェルシー=ENG)
パウリーニョ(広州恒大=CHN)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・C=ENG)
フィリッペ・コウチーニョ(リバプール=ENG)
レナト・アウグスト(北京国安=CHN)
ルーカス・リマ(サントス)
カゼミーロ(レアル・マドリー=SPA)
ジウリアーノ(ゼニト=RUS)
 
FW
ネイマール(バルセロナ=SPA)
ドグラス・コスタ(バイエルン=GER)
ロベルト・フィルミーノ(リバプール=ENG)
ガブリエウ・ジェズス(パルメイラス)
【関連記事】
メッシ、「黄金の左足」のタトゥーを一新!
ネイマールに人気集中のブラジル代表、エース不在の練習で最も声援を受けたのは!?
メッシとアグエロが2019年に母国リーグ復帰!? 元チームメイトが「可能性がある」と明かす!
アルゼンチン戦に向け「悲劇の地」へ舞い戻るセレソンの想い
またも渦中の人に…ネイマール、口論の末に相手選手を階段から突き落とす

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ