ネイマールに人気集中のブラジル代表、エース不在の練習で最も声援を受けたのは!?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年11月08日

4連勝&首位に導いたチッチ監督にも温かい拍手が送られた。

人気と実力ともにネイマールが抜きんでているのは周知のことだが、練習初日ではタファレルGKコーチ(右)が思わぬ健闘(?)を見せた。写真は2014年のトルコ遠征時。 (C) Getty Images

画像を見る

 11月10日(現地時間)にアルゼンチン、15日にペルーとロシア・ワールドカップ南米予選を戦うブラジル。週末まで所属クラブでリーグ戦を戦っていた招集メンバーたちは、アルゼンチン戦が行なわれるミナスジェイラス州のベロオリゾンチに続々と集結してきた。
 
 練習は月曜日からスタートし、招集23選手のうち16人が参加。その後、月曜日の夜にアリソン、ダニエウ・アウベス、チアゴ・シウバ、ミランダ、マルキーニョス、そして火曜日の朝に、ジウリアーノとネイマールが合流した。
 
 月曜日の練習から、多くの見学者が集まったが、彼らの大部分のお目当てはどうやらネイマール。そのため、彼がまだ合流していない月曜日の練習では歓声も小さく、選手への声援の声もまばらだったと、『O GLOBO』が伝えている。
 
 そんななか、最も声援を受けたのは、まずレアル・マドリーのマルセロ。これは納得だろう。そしてもうひとり……、なんとGKコーチのクラウディオ・タファレルだったという。
 
 1994年アメリカ・ワールドカップの優勝メンバーで、W杯3大会でセレソンのゴールマウスを守ったレジェンドであるタファレルは、95年から地元クラブのアトレチコ・ミネイロでプレーした経験があり、ベロオリゾンチでは愛されている存在ではある。
 
 しかし、おそらくその雄姿を見たことがないであろう若い世代のファンがタファレルの名前を叫ぶ様子は、彼の偉大さを示すと同時に、ネイマール以外の「アイドル不在」を印象付けるものだと『O GLOBO』も見ているようだ。
 
 他では、今夏に代表監督に就任したチッチ(2005年にアトレチコ・ミネイロの指揮経験あり)に対しても、チームが4連勝で首位を走っていることもあってか、温かい拍手が送られた。
 
 初日練習では、戦術的なメニューはなく、基礎練習やフィジカルトレーニングに終始。チッチ監督の意向でU-20代表の選手やアトレチコ・ミネイロのU-20の選手も参加し、リラックスした雰囲気のなかで行なわれたという。
 
 練習後には、選手がスタンドに向けてボールを蹴ってプレゼントするなど、“アイドル”抜きのセレソンはファンサービスも忘れなかった。
 
 9日には、2年前の悲劇の舞台となったミネイロンで前日練習を行ない、10日にアルゼンチンとの「クラシコ」を戦うセレソン。その後、15日にペルーに乗り込んで、今年最後のW杯予選に臨むこととなる。
【関連記事】
ウィルシェアの代表復帰に疑問の声…だが、「未経験の世界」で蘇生しつつあるのは事実だ
アルゼンチン戦に向け「悲劇の地」へ舞い戻るセレソンの想い
「41歳までプレーしたい」マドリーと契約更新したC・ロナウドの尽きせぬ野望
ヴェッラッティをユーベ、ミラン、インテルが争奪! 契約解除金の引き下げも?
「もうスーパーサブには飽きた」と吐露したモラタをファンも支持。どうするジダン?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ