金田喜稔がナイジェリア戦を斬る!「なぜ自分たちのサッカーをやらなかったのか? 原点に立ち返ってほしい」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2016年08月05日

生命線の“コンパクトネス”を思い出してほしい。

この日は簡単にボールを失うシーンが散見。競り合いで弱さが目立った。写真:JMPA/小倉直樹

画像を見る

 さらにボールを奪いに行く迫力や、寄せられても身体を張ってキープしようという気持ちが足りていなかった姿にもがっかりさせられた。1対1の場面で簡単にボールを失うシーンが多く、相手の仕掛けには一歩遅れる。その積み重ねが5失点という結果につながった。
 
 手倉森ジャパンの生命線は“コンパクトネス”にある。選手間の距離をできるだけ縮めて、お互いがすぐにサポートできるポジションを取る。そうすれば、身体能力の高い選手に1対1で負けたとしても、すぐに誰かがカバーできる。
 
 さらに大事なのはコンパクトな形で、できるだけラインを高く保つこと。前述したように前からプレスをかけて素早くフィニッシュまで持ち込むのがこのチームの真骨頂なんだ。前線からプレスに行くサッカーを、疲れるサッカーと考えるのではなくて、日本の長所を活かせるサッカーとして貫くことが大事だった。
 
 それをなぜ表現できたなかったのか。この期に及んで自分たちのスタイルではない形を目指してもしょうがない。「やってきたをサッカーを思い出せ! 自信を持て! 世界を相手にも自分たちの形でやってみろ!」と叫びたくなる内容だった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ