金田喜稔がナイジェリア戦を斬る!「なぜ自分たちのサッカーをやらなかったのか? 原点に立ち返ってほしい」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2016年08月05日

ナイジェリアのコンディションは明らかに整っていなかった。

日本は南野のゴールで2度追いついた。しかし打ち合いを挑むには分が悪かった。写真:JMPA/小倉直樹

画像を見る

 リオ五輪の初戦、ナイジェリア戦は絶対に負けてはいけない試合だった。それだけに、残念な結果となってしまった。相手は飛行機トラブルなどが重なり、ブラジルに到着したのが試合の約7時間前と、コンディションは明らかに整っていなかった。何日も前から現地で調整してきた日本は優位に立って自分たちのサッカーをするべきだったんだ。
 
【リオ五輪・ナイジェリア戦PHOTO】まさかの5失点…守備が崩壊し、大事な初戦を落とす
 
 それでも相手を恐がり、スタートから受けに回ってしまった。試合後に遠藤が話していたように、先手を取られて無理をしなくてはいけない状況に追い込まれたのが、勝負の分かれ目だったと思う。打ち合いになったら日本はやはり分が悪い。
 
 日本はアジア最終予選でも他国を圧倒したわけではなく、しっかり相手の攻撃を受けとめ、高い位置でプレスをかけ、鋭いカウンターでゴールを奪ってきた。まずはそのスタイルに立ち返ってほしい。この日の日本は、ズルズルと下がり、結局は1対1の局面に追い込まれて、不利な状況から5点を失った。本来はもっと積極的にプレスをかけ、ゴール前に持ち込まれる前の段階で勝負をかけなくてはいけなかった。
 
 なによりも残念だったのはそうした“自分たちの形”があるのに、やらなかったことだ。遠藤をアンカーに置いた慣れない4-3-3で、原川と大島は守備に追われ、両サイドの中島、南野も自陣で時間を過ごす。トップの興梠は孤立したままだった。
 
 長いボールを蹴られて一発で裏を取られるのが心配だったのかもしれない。でも、そこはGKに任せるという割り切りも必要だったと思う。実際にコアメンバーを招集できなかったナイジェリアはレベルが高いとは言えなかった。自信を持って挑めば勝てる相手だっただけに、本当にもったいないという言葉しか出てこない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ