【日本4-5ナイジェリア|採点&寸評】堅守の手倉森ジャパンはどこへ…。自滅で最も大事な初戦を落とす

カテゴリ:日本代表

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年08月05日

チームの基盤である守備が崩壊。個の力に屈した室屋、塩谷は「3.5」。

【警告】ナイジェリア=アムジエ(8分) 日本=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】オグヘネカロ・エテボ(ナイジェリア)

画像を見る

守備が崩壊して5失点。とりわけ右SB室屋の緩慢な対応が目に付いた。写真:JMPA/小倉直樹

画像を見る

[リオ五輪グループリーグ第1戦]日本4-5ナイジェリア/現地8月4日/アレーナ・アマゾーニア
 
【五輪日本代表・総評】 4
「耐えて勝つ」はずが、まさかの打ち合いに。個の力で勝るナイジェリアの主戦場に引き込まれてしまい、自分たちの戦い方を失ってしまった。4点を取ったことは次戦以降につながるとも取れるが、試合開始6時間半前にブラジル入りしたナイジェリア相手に完敗を喫した現実はあまりに厳しい。

【リオ五輪・ナイジェリア戦PHOTO】まさかの5失点…守備が崩壊し、大事な初戦を落とす

 [個人採点・寸評]
[GK
1 櫛引政敏 4
立ち上がりに2点を失い、その後もビルドアップで足もとの拙さからチームのリズムを崩す苦しい内容。飛び出してスライディングに行った5失点目の対応も疑問が残るなど、ネガティブな面が目立ってしまった。
 
[DF
2 室屋 成 3.5
1失点目はサディクへのマークが遅れ、2失点目はハイボールの目測を誤って入れ替わられてしまった。サイドを駆け上がっても、そこから次の一手に精度を欠き、挽回できなかった。

4 藤春廣輝 4.5
マッチアップしたエゼキエルとの1対1に苦戦。試合途中から徐々に押し返したとはいえ、自身のサイドから崩される場面が多かったことを考えれば、厳しい評価にならざるを得ない。
 
5 植田直通 4.5
身長192センチの大型FWサディクと激しい肉弾戦を展開。最後の局面で身体を張っていた一方で、発展途上の塩谷との連係面を突かれ、最後はナイジェリアの波状攻撃に屈した。
 
6 塩谷 司 3.5
失点で気落ちしかねないなかで、声を張り上げて守備陣を鼓舞。ただ、前半終了間際のサディクへの対応はあまりに軽く、4失点目もPKを献上。ナイジェリアに主導権を与えてしまった責任は重い。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【PHOTO】欧州スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ