【リオ五輪】手倉森監督、ナイジェリアの一連の騒動に「罠を仕掛けられた気にもなる」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年08月05日

ゲーム中に失点したことを引きずっていた。

試合後に「失点が多過ぎた」と語った手倉森監督。失点をひきずってしまったことがさらなる失点を引き起こしたと見ている。写真:JMPA/小倉直樹

画像を見る

[リオ五輪グループリーグ第1戦]日本4-5ナイジェリア 現地8月4日/ブラジル・マナウス
 
 ナイジェリアとの初戦を終えて、会見に臨んだ手倉森監督はまず、大量5失点の要因をメンタル面にあったと語っている。

【リオ五輪・ナイジェリア戦PHOTO】まさかの5失点…守備が崩壊し、大事な初戦を落とす

「立ち上がりは相手にも勢いがあるぞというなかで、トップの13番(サディク)のところで収まって、そことトップ下のところで手を焼いた。その時に自分たちで対策を持つ前に、心理的に慌てだした。エリア付近、ディフェンディングサードでの対応が少し足が浮いていた。開幕戦によるものなのか、相手のクオリティによるものなのか、分析して落ち着いた対応ともう少しの強さを求めなければいけない」
 
 立ち上がりの連続失点に加え、さらには前半終了間際と後半の立ち上がりという気を付けなければいけない時間帯での失点に、指揮官もいつものチームではないと感じていた。
「引きずるな」と、修正へのポイントを挙げた手倉森監督だが、まさに次の試合は中2日で、すぐにやってくる。メンタルの立て直しは必須だろう。
 
「ゲーム中に失点したことを引きずっていた。3点差をつけられて引きずる。PKだったかどうか、という判定もあるが、自分としてもこんなに多く点を取られるジャパンじゃないというチーム作りをしてきたなかで、取られ方はスキルや戦術もあるかもしれないが、多少はメンタリティも関係しているだろうと。逆にこれをしっかり受け止めて次に引きずらせないことが大事。今度負けたら終わりだという危機感でたくましさを示したい」
 
 もちろん、あと2日のうちに大量失点した守備や、個々のメンタルの立て直しを図るのは難しい作業に違いないが、指揮官は「短期間での成長をやってみせます」と力強く宣言した。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ