• トップ
  • ニュース一覧
  • 湘南前社長の大倉智が立ち上げた新クラブ。「いわきFC」が提唱するサッカーの本当の価値とは?

湘南前社長の大倉智が立ち上げた新クラブ。「いわきFC」が提唱するサッカーの本当の価値とは?

カテゴリ:Jリーグ

手嶋真彦

2016年07月21日

いつの日かJ1に昇格したとしても、ただの結果にすぎない。

メダルの数よりも大切なのは――。4年後の東京五輪にも大倉はあるべき姿を描いている。(C)Getty Images

画像を見る

 勝負が手段とは、どういう意味なのか。サッカーと同じライブ性を備えた他のエンターテインメントと比較するのが、分かりやすいだろう。
 
 例えばバレエやミュージカルには筋書きがある。オーケストラのコンサートは楽譜に従って演奏する。どんな結末か、どんなエンディングか、分かっているのに、同じ演目の観劇や同じ楽曲の鑑賞を繰り返すリピーターが、少なからず存在するのはなぜなのか。
 
 ダンサーの躍動、オーケストラの調和、音楽の迫力……。そうしたパフォーマンスそのものが、観衆の心を動かしているのではないだろうか。つまり、よくできた筋書きや結末であっても、パフォーマーを輝かせる手段にすぎない。パフォーマーが己の存在価値を懸け、全身全霊の演技や演奏をしようとするのは、筋書きや結末とは無関係なのだ。
 
 こうした感動の本質は、プロサッカーもなんら変わらないのではないか。だとすれば、勝負をつけるのは手段にすぎない。感動を提供するための有効ではあってもひとつの手段だ。いわきFCが所属する福島県2部リーグの開幕戦では、大倉自身がこんな体験をしたという。
 
「歌手の加藤ミリヤさんが、国歌独唱をしてくれたんです。鳥肌が立つほど感動しましたよ。サッカーだって同じです。感動に必要な要素としては、結果はほんの少しだけなんです。

 プロサッカーが提供できる〝商品〞はいろいろありますけど、例えばボールを奪ってみんなでウワーっと攻め上がっていく時の迫力だとか、90分間できるだけ敵陣のゴールの近くでプレーしようとする前向きな姿勢だとか、観客がウォーって盛り上がるシーンをたくさん創る。それがお金を払ってもらえるだけの価値になるわけです」
 
 産声を上げてまだ1年目のいわきFCには、明確な評価軸がある。大倉が見据えているのは、プロスポーツならではの空間づくりだ。いつの日かJ1に昇格したとしても、その頂点に立ったとしても、どちらも結果にすぎない。
 
「スタジアムが常に満員になるなら、J3でもJFLでも東北1部リーグだっていいんです。2週間に1回、地元の人たちがウォーって発散できて、勝っても負けても、来て良かったねって。そういう空間を創るところに意味がある」
 
 観客が感動して、プロスポーツが産業化されるのなら、カテゴリーは関係ない。そう主張する大倉は、2020年の東京オリンピックにも、あるべき姿を描いている。
 
「メダルは結果じゃないですか。大事なのはプロセスで、オリンピックという催しでどれだけ感動を与えられるか。そのうえでメダルが取れたらいいよねって、そういう話ですよ」
【関連記事】
【育成年代の深層】ロクFCが掲げる普遍の哲学。結果至上の対極を行く”下手な子”ほどピッチに立てる大会とは?
Jクラブ最注目の高校ナンバーワンDF・杉岡大暉。市立船橋の大黒柱が面食らったFWとは?
愛するチームへのブーイングは是か非か? 白熱のさいたまダービー後、浦和の柏木が疑問を呈す
【川崎】大久保嘉人「俺はどんどん周りに言うよ。金も稼げるんだから」発言の真意
【韓国メディアの視点】浅野と宇佐美の欧州挑戦は成功するのか?韓国人記者曰く、「宇佐美はイ・チョンスと同じ轍は踏まないはずだ」
【広島】浅野の後釜はかつてのシンデレラボーイ!? 皆川佑介の悲壮なる決意

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ