【セルジオ越後】ボランチをかき集めても、『グランパス』という車はまっすぐ走らないね

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年07月16日

批判を受けるべき人間はいったい誰なのか。

若い小倉監督には、“監督兼GM”という重職はまだ荷が重かったか。二度と現場などやりたくない、と考えていなければいいが……。写真:田中研治

画像を見る

 失敗なら失敗と認めて、新たな組織を作り、一からやり直す。もっとも、今のグランパスは、責任の所在がはっきりしていないようにも感じるよ。
 
 小倉監督兼GMの進退について、最終的な決断を下すのは、久米社長なのか、それともトヨタの社長でもある豊田会長なのか。批判を受けるべき人間はいったい誰なのか。そこがはっきりと見えてこないんだ。実際にそこがあやふやなら、組織としてはあまり健全ではない。
 
 いずれにせよ、日本が誇る大企業のトップがいるのに、チームがこの体たらくでは、トヨタのブランドイメージにも傷がつくのではないかと心配になるよ。
 
 過去の例を見れば、レッズも、サンフレッチェも、ガンバも、レイソルも、J2降格を経験し、逞しくなって戻ってきた。そしていずれのチームも、J1復帰後にはリーグ優勝を成し遂げている。
 
 体制を見直すためには、降格するのもありなのかもしれない。もちろん、降格を望むようなファンやサポーターはいないだろうけど……。

7月14日発売号のサッカーダイジェストは、内田選手の巻頭インタビューを掲載。それに続く特集は、今夏の注目銘柄と題して話題の選手30人の去就動向をチェック。乾選手、酒井宏選手、植田選手のインタビューに加え、クラブダイジェストでは松本山雅、好評連載中のプロフットボーラ―の肖像では「2008年」の大谷選手を取り上げています。

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ