【セルジオ越後の天国と地獄】代表初招集となった小林、大島への過度な期待は禁物だよ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年05月26日

「国内屈指の陣容を誇る浦和ですらベスト16。もはや“Jリーグの威厳”など皆無に等しい」

唯一、浦和だけがリーグ戦とACLの両方で奮闘していたが、それでもACLでベスト8に手が届かなかった。写真:徳原隆元

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で、浦和とFC東京がラウンド16で姿を消した。グループリーグ敗退のG大阪と広島を含めて、ベスト16の壁をどこも越えられないまま日本勢は全滅した。
 
 近年、Jリーグ勢はACLで勝てないイメージしかないね。そして、敗退しても『またか……』という印象でしかないほど、Jリーグは衰退している感がある。
 
 ACL出場の4クラブを見ると、リーグ戦で上々の結果を残しているのは浦和のみ。昨季リーグ王者の広島、天皇杯連覇のG大阪にしてもリーグ戦では今ひとつ。FC東京にいたっては、残留争いに巻き込まれそうな立場。そのような状況を考えれば、日本勢の苦戦は当然だろう。
 
 唯一、浦和だけがリーグ戦とACLの両方で奮闘していたが、それでもACLでベスト8に手が届かなかった。国内屈指の陣容を誇る浦和でこの有り様なのだから、もはや“Jリーグの威厳”など皆無に等しいよね。
 
 他国のレベルが向上した一方、相対的にJリーグのレベルが下がったとも言える。そのうえ、Jリーグには“真の名門クラブ”が存在しないように思うよ。名門とは勝利至上主義で、毎年のようにタイトル獲得が求められるようなクラブだ。
 
 その意味で、浦和、G大阪、広島は名門に近いとはいえ、時々好成績を残す程度で、ACLで早々に敗退しても御咎めなし。これで名門と言えるの? 結果を残せなければ、実際に踏み切るかどうかは別としても、“監督更迭”という議論があってもいいんじゃないかな。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ