【セルジオ越後の天国と地獄】代表初招集となった小林、大島への過度な期待は禁物だよ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年05月26日

「大島に関しては、この時期に呼ぶべきだったのか大きな疑問が残る」

小林(左)と大島(右)はA代表初選出。だが問題は、ここから『定着』へステップアップを遂げられるかどうかだ。(C) soccer digest

画像を見る

 6月に行なわれるキリンカップに向けて、日本代表メンバーが発表されたね。最も世間の耳目を集めるのは、A代表初招集となった磐田の小林祐希、川崎の大島僚太だ。
 
 小林は92年生まれの24歳、大島は93年生まれの23歳で、いわゆるプラチナ世代。ふたりともハリルホジッチ監督が事前予告していたように、“若手枠”として初招集されたようだ。
 
 ただ正直に言うと、実力で判断すれば、このふたり以上に選ばれるべき選手はいたと思う。その意味で、ふたりの招集は『Jリーグを逐一チェックしている』というメッセージでもあるのだろう。
 
 とはいえ、大島に関しては、この時期に呼ぶべきだったのか大きな疑問が残る。浅野もそうだが、フランスでのトゥーロン国際大会に参加し、過密日程のなかで帰国即合流となれば疲労はピークに達する。
 
 しかも、大島が所属する川崎は第1ステージの優勝争いを演じており、キーマンのひとりだ。今回の招集で疲労が蓄積し、近いうちに怪我となって表面化するリスクもあるだけに、招集のタイミングは考慮すべきだったかもしれない。
 
 もっとも、小林と大島への過度の期待は禁物だ。過去の代表戦でも『初招集』だけならば数えきれないほどいた。問題は、ここから『定着』へステップアップを遂げられるか。その関門を通り抜けられるのは一握りしかいないからね。
 
 もちろん、今回招集されたのは喜ばしいことだけど、現時点では「何もしていない」立場だ。試合に出場し、一定のパフォーマンスを披露し、そこで初めて評価の対象となる。それまで、過度に持ち上げるような提灯記事や報道は避けるべきだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ