【浦和】「人生、最悪の経験」15人目のPKキッカー駒井の身に起きた想像を絶する異変

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年05月26日

キックを終えたあと、過緊張と脱力から両足が痙攣。「そういったところでも自分の甘さが出た」

延長後半7分、李の起死回生のゴールを演出した駒井。しかしPK戦では、「人生、最悪の経験」が待っていた…。写真:徳原隆元

画像を見る

「自分のせいで、チームを次に進めることができなかった。責任を痛感しています。人生、最悪の経験。自分自身に失望しています」
 
 運命のPK戦。浦和の8人目であり、両チームの15人目のキッカーとして、ペナルティアークに向かったのは、今季浦和に加入した駒井善成だった。
 
 選手たちが並ぶセンターラインから呼吸を整えながらゆっくり前に進み、相手GKとは目を合わさずボールをセットする。自ら間合で顔を上げてボールとの距離をはかり、GKユ・サンフンとの駆け引きを開始。
 
「相手のタイミングを外して決めるPKは、普段の練習で毎日やっていて、自信を持っていました」

 ボールに向かって一歩、二歩と緩急をつけて助走する駒井は、GKが動き出すのを最後までじっと待つ。
 
 しかし――一瞬、ユ・サンフンが右足に重心を置いたと察知し、駒井は逆サイドに狙い澄ましたキックを放つ。が、態勢を整え直して飛んだGKの左手により、ボールはゴールの外へ弾き出されてしまう。
 
 途端に全身から脱力し、放心状態に陥った。「なにも考えられない。頭の中が、それこそまっ白になった」と、FCソウルサポーターの歓声が響くなか、駒井はピッチに立ちつくした。
 
 それでもまだPK戦は続いている。センターラインまで戻らなければならない。ところが、センターラインにいるチームメイトのところに戻ろうとすると、身体が動かない。両足の太腿の裏の筋肉が痙攣を起こし出したのだ。
 
「過緊張からのようです……。キックミスだけでなく、そういったところでも自分の甘さが出ました」
 
 なんとか足をひきずり、浦和の輪のなかに戻る。その時、FCソウルの通算16人目のPKが決まり、浦和の決勝トーナメント1回戦での敗退が決定。頭を抱えて倒れ込む背番号18に、真っ先に声をかけて肩を抱きかかえたのが主将の阿部勇樹だった。
 
「いいんだ。切り替えろ。すべてが終わったわけじゃない」
 
 駒井はいくつもの励ましの言葉を受けた。
 
 試合は延長30分間を含め120分間、さらにPK戦と、長い時間が経過していた(同時に、時間を忘れるぐらいの展開でもあった)。
 
 駒井は62分から右ウイングバックとして途中出場。延長後半7分には、槙野のサイドチェンジを折り返し、李の起死回生のゴールを演出した。

 ここ最近、切り札的な起用が続いていたドリブラーが、ようやくひとつ結果を残した。浦和の一員として、さらにひとつ高みへ飛躍するきっかけを掴んだ、はずだった。

【浦和】地獄と天国を2往復。証言から紐解く「ソウルショック」の敗因と収穫
 
 PK戦のキッカーは5人目までは話し合いで決まっていた。
 
【関連記事】
【ACL】なぜ、GK西川がPKを蹴ったのか? しかしキック失敗より悔やんだのは…
キリンカップの日本代表メンバーを発表! 磐田・小林祐希、川崎・大島僚太を初選出!!
小林祐希がハリルジャパンに初招集。日本代表でも“ユウキ節”が炸裂か?
【日本代表】ハリルが“大久保復帰”を仄めかす。大島の初招集はその布石か?
【ACL採点・寸評】またも大勝負で90分決着にこだわった、指揮官の采配をどう評価すべきか
【PHOTO】浦和、無念の敗戦。李の劇的2ゴール、まさかの同点劇、そしてPK戦…(30枚)
【浦和始動】「誰も知り合いがいない」京都から加入した駒井善成が、最初にコンビを組んだ相手は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ