【ACL】李の2得点で一時“大逆転”も、浦和PK戦で敗退。日本勢はベスト16で全滅

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年05月25日

90分間の試合は、浦和が0-1で敗戦。15分ハーフの延長戦へ。

浦和はアウェーで2ゴールを奪うなど善戦したが、PK戦の末に力尽きた。写真:徳原隆元

画像を見る

 浦和は試合開始と同時に、牙を剥き出しにして襲い掛かってきたFCソウルに苦しめられた。1週間前に埼玉スタジアムで対戦した時とは、まったくの別チームのように、力でねじ伏せようと殴りかかってきたのだ。

【PHOTOギャラリー】 FCソウル×浦和(30枚)
 
 しかも個々がテクニックを備えるFCソウルは、巧みにボールを散らしつつ、プレスをかけて3バックに起点を作らせないようにするなど浦和対策も練ってきた。スピードが武器のアドリアーノと高さとパワーを誇るデヤン・ダムヤノヴィッチのKリーグ最強2トップにボールを入れられると、遠藤、森脇らが常に1対1にさらされる危険な状態が続いた。
 
 それでも浦和も徐々にCF興梠にボールが収まり出して、ペースを掴みかける。
 
 しかし――。29分、持ち上がろうとした遠藤がボールコントロールを誤ると、それをアドリアーノに奪われてしまい、パスを受けたダムヤノヴィッチに叩き込まれてしまう。それまでにビッグクリアを見せてチームを救っていた遠藤だっただけに、悔やまれる痛恨のワンプレーとなってしまった。
 
 ボールの収めどころが限られた浦和は、後半開始からズラタンを投入。興梠とズラタンが状況に応じてCFのポジションに入れ替わり、敵陣のギャップを突こうとする。
 
 その後は、互いに撃ち合う目まぐるしい攻防となる。アウェーチームは駒井を投入し、1点を狙う。71分に駒井の突破から柏木を経由し、興梠が惜しいシュートを放ったが、ゴールの枠を捉え切れない。
 
 このあたりから浦和がようやく主導権を握り出す(とはいえ、前掛かりで守備は、薄氷を踏むようなヒヤヒヤの状態)。さらに74分に梅崎を投入。ペトロヴィッチ監督はその一手に、「攻め切れ」というメッセージを込めた。
 
 この時間帯、牙を剥き出しにして、攻勢を強めたのは浦和のほうだった。79分にはオーバーラップした遠藤が、83分にはズラタンが決定的なシュートを放つ。しかし、必死に守るFCソウルゴールを割れない……。
 
 90分間の試合は、浦和が0-1で敗戦。第1戦との合計が1-1で引き分けとなり、15分ハーフの延長戦に突入する。
 
【関連記事】
【ACL採点・寸評】またも大勝負で90分決着にこだわった、指揮官の采配をどう評価すべきか
【ACL】なぜ、GK西川がPKを蹴ったのか? しかしキック失敗より悔やんだのは…
【日本代表】吉田のリオ行きを示唆(?)する清武の発言に、本人は「イジられているだけ」
【韓国メディアの視点】U-20W杯のプレ大会で日本は惨敗。現地・韓国人記者は「ポジティブな要素はある」が「今の完成度では…」
【熊本】震災後、再開2戦目から見えた“ある変化”。蘇るアスリート精神と彼らの日常

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ