【バイエルン番記者】4月の“主役”はビダル。かつてのエッフェンベルクのような「真のリーダー」へ――

カテゴリ:連載・コラム

パトリック・シュトラッサー

2016年04月21日

指揮官はこう釘を刺す。「アルトゥーロをあまり褒め過ぎないように」

旺盛な闘争心がマイナスに作用することも。ラフプレーを繰り返したシュツットガルト戦(29節)では前半途中で交代を命じられた。(C)Getty Images

画像を見る

 バイエルンでは主にアンカーでプレー。昨シーズンまで絶対的なレギュラーだったシャビ・アロンソから定位置を奪ってみせた。本人も充実ぶりを肌で感じているようだ。

「今がシーズンで最高のときだ。目標の3冠を達成するために、毎日ハードワークしているよ」

 なかでも最大の目標が、ビッグイヤーの獲得だ。昨シーズンのCL決勝では惜しくもバルセロナに敗れた。目前で欧州制覇を逃したその悔しさが、彼の闘争心を駆り立てている。

 ただし、旺盛なその闘争心がマイナスに作用することもある。ブンデスリーガ29節のシュツットガルト戦ではイエローカードを食らい、その後も危険なファウルを繰り返したため、わずか27分で交代を命じられた。

 3-0で勝利したシャルケ戦の後、ジョゼップ・グアルディオラ監督からは「少し控えめにしたほうがいい」と忠告を受けた。そして、スペイン人指揮官はメディアに対しても冗談まじりにこう釘を刺した。「アルトゥーロをあまり褒め過ぎないように」と。

文:パトリック・シュトラッサー(アーベントツァイトゥング紙)
翻訳:円賀貴子

【著者プロフィール】
Patrick STRASSER(パトリック・シュトラッサー)/1975年ミュンヘン生まれ。10歳の時からバイエルンのホームゲームに通っていた筋金入りで、1998年に『アーベントツァイトゥング』紙の記者になり、2003年からバイエルンの番記者を務める。2010年に上梓した『ヘーネス、ここにあり!』、2012年の『まるで違う人間のように』(シャルケの元マネジャー、ルディ・アッサウアーの自伝)がともにベストセラーに。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ