• トップ
  • ニュース一覧
  • UAEのアル・アインは強いのか? 警戒すべき左サイドこそ狙い目。シンプルなカウンターでヤン・マテウスのドリブルから好機を掴みたい【ACL】

UAEのアル・アインは強いのか? 警戒すべき左サイドこそ狙い目。シンプルなカウンターでヤン・マテウスのドリブルから好機を掴みたい【ACL】

カテゴリ:ワールド

河治良幸

2024年05月07日

中盤の支配では横浜にやや分があるか

抜群の決定力を誇るラヒミ。技巧派レフティのロメロとのホットラインは要注意だ。(C)AFC

画像を見る

 攻守のオーガナイズを司るのが、韓国代表MFパク・ヨンウ。アジアカップでは痛恨のパスミスからヨルダンにゴールを奪われて、ベスト4敗退の批判にあったが、中盤からの組み立てとバランスワークで、目立たないながらアル・アインの“心臓”として機能。準決勝の第2レグでは、自陣の守備で奮闘しながら時にカウンターの起点にもなっていた。

 センターバックは、コートジボワール出身の大型DFクアメ・オートンが人に強く、UAE代表のDFハリド・アル・ハシェミが統率力とカバーリングに優れるタイプだ。

 彼らが横浜のエースであるアンデルソン・ロペスを簡単にフリーにすることはないはずだが、二列目から植中朝日などがうまく絡んでいければ、マンツーマンに近い形になり、ロペスが一瞬の動き出しでフリーになりやすくなるはずだ。

 アル・アインもしっかりとボールを回せるチームではあるが、中盤の支配権に関しては横浜にやや分があると見ている。ただ、アル・アインはここまでACLの戦いにおいて、システムも固定せずに戦ってきている。アル・ヒラルとの準決勝がそうであったように、決勝でも対横浜、さらに言えばアウェーとホームでシステムや選手の配置を変えてくる可能性も否定できない。
 
 おそらく横浜での第1レグは0-0でも御の字というスタンスで来るかもしれないが、どんな形であろうと、ラヒミとロメロは常にゴールのチャンスをうかがっているので、ボールを握れている時間帯でも、一発の裏返しを警戒しながら、得意のハイラインでの戦いに持ち込みたい。

 第2レグがアウェーというレギュレーションは不利になりやすい向きもあり、念願のファイナルということで、アル・アインのサポーターも熱狂的な応援で、チームを後押ししてくるはずだ。もっとも、横浜にとって有難いのは、オアシスに位置するアル・アインのピッチが比較的、良好なことだ。

 横浜としては自分たちの強みを忘れることなく、しかし、準決勝の蔚山現代戦で見せた粘り強さをミックスして、アジア王者の座を掴み取ってもらいたい。

文●河治良幸

【PHOTO】「行くぞ。アジアの頂点へ。」強い気持ちで闘い抜いた横浜F・マリノスサポーター!(Part2)

【記事】「普通に泣いた」 横浜のACL決勝・第1レグ告知動画にファン感激!「何度見てもカッコいい」

【記事】「素晴らしい出来事だ」トッテナム指揮官ポステコグルー、古巣横浜のACL決勝進出に歓喜!「ハリーは楽しんでいるだろう」
 
【関連記事】
「頭おかしい」「やばすぎ」ACL横浜戦でまさかの愚行!主審に水をかけようとした山東コーチにネット騒然!中国のファンも苦言「完全に愚か」
「素晴らしい出来事だ」トッテナム指揮官ポステコグルー、古巣横浜のACL決勝進出に歓喜!「ハリーは楽しんでいるだろう」
「普通に泣いた」 横浜のACL決勝・第1レグ告知動画にファン感激!「何度見てもカッコいい」
「J2のベンチ」の翌年にACL決勝へ――マリノス新守護神の“成り上がり” 「自分で切り開いていくのがサッカー選手の人生」
「山東のFKが妨害されたのに、主審は無視した」横浜A・ロペスのゴールに中国メディアが怒り!“20秒前の行為”に不満「抗議は失敗に終わった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ