• トップ
  • ニュース一覧
  • 「J2のベンチ」の翌年にACL決勝へ――マリノス新守護神の“成り上がり” 「自分で切り開いていくのがサッカー選手の人生」

「J2のベンチ」の翌年にACL決勝へ――マリノス新守護神の“成り上がり” 「自分で切り開いていくのがサッカー選手の人生」

カテゴリ:Jリーグ

有園僚真(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年04月25日

アジア制覇に相当な覚悟「クラブの今後が変わってくる」

サポーターとACL決勝進出の喜びを分かち合うポープ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 横浜F・マリノスは4月24日、アジア・チャンピオンズリーグの準決勝・第2レグで、蔚山現代とホームで対戦。2戦合計3-3で突入したPK戦を制し、見事に決勝進出を果たした。

 敵地での第1レグは決め手を欠き、0-1で敗戦。ただ、今回は開始13分で植中朝日が奪った先制点を皮切りに、30分までに3ゴール。一気に形勢を逆転するが、それも束の間、36分、42分と連続で被弾して追いつかれたうえ、上島拓巳がレッドカードを食らい、数的不利となる。

 今季のベストゲームと称せるような序盤から打って変わって、韓国王者の猛攻に耐える時間が続くも、GKポープ・ウィリアムの再三の好守で勝ち越し点を阻止。なんとかPK戦に持ち込むと、再びポープのビッグセーブが生まれ、歓喜の瞬間を迎えた。
【PHOTO】蔚山スタジアムの様子を大公開!貴重な内部潜入写真も!韓国ならでは?の新発見続々
 頼れる守護神は試合後、UAEの雄アル・アインとの決勝に向け、力強くこう意気込みを示した。

「本当に大きな大会ですし、これを獲るか獲らないかでクラブの今後も変わってくると思います。そういうなかでもプレッシャーを楽しみながら。自分自身、どの試合も優劣はつけずにやってきたつもりなので、そういう大きな大会だからといって特別なことをするわけでもなく、本当に日々、今まで積み重ねてきたことを愚直にやり続けるだけです」

【動画】ポープが神セーブ連発!マリノス史に残る韓国王者との大激戦をチェック
【関連記事】
「韓国に2回負けるわけにはいかない」パリ五輪世代の植中朝日が意地の2発! ACLは大チャンス「アジア中に自分の名前を広めたい」
なぜ横浜は数的不利でも蔚山に勝てたのか。39分以降に指揮官キューウェルが強調したこと【ACL準決勝】
「一人少ない横浜に衝撃敗北」81分間数的優位の蔚山、よもやのACL敗退に韓国メディアは茫然!「狂気のドラマは悲しい結末」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
キムチ入り弁当、駆け回る広報マン…日本にはない? 韓国でのおもてなし。江坂任&天野純の印象も直撃【ACLアウェー取材記】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ