【コラム】左足1本で日本人を翻弄――。クライフがアマ時代の日本に蒔いた「憧れ」という種

カテゴリ:特集

加部 究

2016年03月29日

筆者がクライフへのインタビューを避けた理由とは?

日本には、1974年の西ドイツ・ワールドカップ決勝戦の中継で初めてその姿が映像として届けられた。(C) Getty Images

画像を見る

 実はクライフの書籍を出さないかという話を頂いたことがある。しかしせっかくの機会を、僕は敢えて見送った。クライフは全てを備えた選手だった。サッカー選手のキャリアだけを比較すれば、ペレやディエゴ・マラドーナを上位に挙げる人もいるだろう。
 
 ただし彼らとクライフには決定的な違いがあった。一言で表せば絵になった。もっと単純に言えば格好良かった。アニメの王子様も怖気づくような繊細なスターが、ピッチ上では驚愕のプレーを連発する。だからこそ遠く日本のファンの心も鷲掴みにした。
 
 もっとも格好良くて人一倍賢い創造性豊かなアスリートが、控えめでいられるはずがない。クライフは日本でのインタビューのギャラに難色を示していたそうだ。現役時代はもちろん監督としても確固たる実績を残していたクライフは、欧州と日本の評価や知名度のギャップが理解できなかったという。そんな経緯もあって、会ってイメージが壊れるのを嫌った僕は、クライフへのインタビューを避けたのだ。
 
 クライフの現役当時、まだ日本でサッカーはマイナー競技で、ファンの数も限られていた。ただし少ないながらも一人ひとりのファンの心に、クライフは「憧れ」という種を蒔き、やがてそれはしっかりと根を張っていく。プレスチームの不格好な14番たちは、日本のメディアで例外なく重要な役割を果たしてきた。
 
 クライフは、選手としても監督としても常に革命的なメッセージを発し続けた。美しい勝利を追求したから、醜悪で姑息な勝利を嫌った。そして14番に憧れるジャーナリストにも、きっと同じ志向は染み付いている。
 
 クライフは、いかにサッカーが美しく格好良いスポーツなのかを、身を持って教えてくれた。クライフの時代に間に合っていなければ、今、僕はこの仕事をしていない。
 
文:加部 究(スポーツライター)
 
【関連記事】
【追悼】メモリー・オブ “スーパースター” ヨハン・クライフ――その雄姿を振り返る
親交の深かったバルサ番記者がクライフを偲ぶ――「喜びとともに思い出される素晴らしきエピソードの数々」
中村俊輔、本田圭佑、柴崎岳らが背負う"ナンバー10の使命"――ジーコ元日本代表監督が、中村を使い続けた理由とは
【シリア戦スタメン&プレビュー】本田、香川、岡崎、宇佐美と現時点の主力級を並べ、敵の“ワナ”を回避して1位突破を決める!
【識者の視点】岡崎、原口らが貫くクラブでのスタンダード。2次予選の相手にも欧州組が重視される理由

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ