【シリア戦スタメン&プレビュー】本田、香川、岡崎、宇佐美と現時点の主力級を並べ、敵の“ワナ”を回避して1位突破を決める!

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2016年03月28日

紅白戦では指揮官も納得の激しさを表現。

システムは慣れ親しんだ4-3-3と予想。ほぼベストに近い顔ぶれがスタメンに名を連ねるはずだが、アフガニスタン戦でほとんど仕事がなかった東口の“2戦連続”もあるか。

画像を見る

 すでに最終予選進出を決めている日本は3月29日、ロシア・ワールドカップ・アジア2次予選の最後のゲームで、グループ1位の座を賭けてシリアと対戦する。

 7試合を終えて、日本は6勝1分の勝点19で首位に立つ。対するシリアは6勝1敗の勝点18と、その差はわずか「1」。シリアの1敗は日本戦によるものだが、ホームで迎える今回の一戦を、指揮官は「我々の決勝戦」と位置付けると同時に、「簡単な試合ではない」と警戒を強めている。

 日本はここまで“失点ゼロ”と盤石の守備力を披露し、ハリルホジッチ監督も「失点せずに、美しく終わるのが大事」と強調する。勝点では上回るも、得点数では日本の22に対し、シリアは26。「得点能力は我々よりも高い。リスペクトして戦わなければならない」(ハリルホジッチ監督)のは当然で、最初に失点を許すようだと、苦しい展開を余儀なくされそうだ。

 加えて、シリアの“ワナ”にも気を付けなければならない。

「彼らの誘いに乗らないようにしなければならない。相手のGKは演技をしてきて、リズムを壊しにくる。シミュレーションにも引っかからないようにしたい。レフェリーの方がそういったシチュエーションを理解してくれることを望んでいます」(ハリルホジッチ監督)

 相手の挑発に乗ってしまえば、冷静さを失い、正しい判断ができなくなる恐れがある。落ち着いた対応を常に心がけて、フラストレーションを溜めずに、試合を上手くコントロールすることも重要になってくるだろう。

 一方で、ハリルホジッチ監督は「楽観的でいられる」ともコメントしている。その理由のひとつは、試合2日前のトレーニングの内容が充実していたからだ。

 10分×2本の紅白戦を実施し、「かなり高いレベルのゲームを見せてくれた」と評価。短い時間の中で、選手たちは戦う姿勢を存分に見せていたようで、宇佐美貴史のワンプレーを引き合いに出して、次のように説明した。

「宇佐美がマイクに対し、まるでCBのようなタックルをしていました。そんな姿は、リーグ戦では一回も見たことはありません(笑)」

 決戦に向けて、ハリルホジッチ監督だけでなく、選手たちも少しずつ士気を高めているのは間違いない。アフガニスタン戦とは異なり、このシリア戦はチケットが完売。圧倒的なホームの声援を受けるなかで、不甲斐ない戦いを見せるわけにはいかないだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ