【コラム】左足1本で日本人を翻弄――。クライフがアマ時代の日本に蒔いた「憧れ」という種

カテゴリ:特集

加部 究

2016年03月29日

ワシントン・ディプロマッツの一員として来日。利き足を負傷していたが…。

クライフを偲ぶ多くの人々がバルセロナの本拠カンプ・ノウへ弔問に訪れた。(C) Getty Images

画像を見る

 もう20年近く前のことだが、日本の記者やカメラマン連中が集まってプレスチームを結成した。親睦会のような試合をこなすだけなので「背番号は自由」と決まったら、腹の出た14番が溢れることになった。それは人生で最も醜悪な光景だったが、個々の気持ちは十分に理解できて微笑ましくもあった。
 
 1974年七夕の夜、日本のファンは初めてヨハン・クライフの映像を目にした。テレビ東京が日本初のワールドカップ生中継に挑戦し、決勝戦の模様を届けた。オランダは決勝で敗れたが、明らかに大会の主役となった。
 
 それどころかトータルフットボールという未来図を提示し、その中心となったクライフは世界中の憧憬の的となる。当然アマチュア時代真っ只中の日本からすれば、遥か雲の上の存在だった。
 
 どれだけかけ離れた存在なのかが確認できたのは、1980年にワシントン・ディプロマッツの一員として来日した時だった。ヤンマーと対戦した当時33歳のクライフは、利き足を酷く痛めていたので立ったまま左足だけでプレーをした。もともとクライフは、切れ味鋭いスピードやしなやかな躍動感が際立つ選手だった。それが動かず不得意な左足1本で完全にゲームをコントロールしてしまう。これだけ武器を失っても、頭脳と技術だけで十分に突出した存在だったのだ。
 
【関連記事】
【追悼】メモリー・オブ “スーパースター” ヨハン・クライフ――その雄姿を振り返る
親交の深かったバルサ番記者がクライフを偲ぶ――「喜びとともに思い出される素晴らしきエピソードの数々」
中村俊輔、本田圭佑、柴崎岳らが背負う"ナンバー10の使命"――ジーコ元日本代表監督が、中村を使い続けた理由とは
【シリア戦スタメン&プレビュー】本田、香川、岡崎、宇佐美と現時点の主力級を並べ、敵の“ワナ”を回避して1位突破を決める!
【識者の視点】岡崎、原口らが貫くクラブでのスタンダード。2次予選の相手にも欧州組が重視される理由

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ