• トップ
  • ニュース一覧
  • 【識者の視点】岡崎、原口らが貫くクラブでのスタンダード。2次予選の相手にも欧州組が重視される理由

【識者の視点】岡崎、原口らが貫くクラブでのスタンダード。2次予選の相手にも欧州組が重視される理由

カテゴリ:日本代表

加部 究

2016年03月28日

欧州シーンの映像が溢れるなか、Jはドメスティックなトレンドへ足並みを揃えている。

Jリーグで繰り広げられているパフォーマンスは、国際基準に到達したものとは言い難い。現状が続くなら、指揮官も国内選手の抜擢は難しいだろう。写真:徳原隆元

画像を見る

 例えば、今年のJ1開幕戦を見て愕然とした。味の素スタジアムはナイトマッチで、気温は10.2度と記されているが、観戦する側には真冬の感覚だった。ところがプレーをする側には絶好のコンディションなのに、大宮はFC東京がボールを下げてもリトリートして静観するのみ。
 
 ボールは自陣におびき寄せて網ですくい上げる想定しかなく、奪い取るという国際基準とはまったく乖離していた。
 
 逆に東京が前線からプレッシャーをかけると、慣れないせいか最終ラインにミスが頻発する。しかしサッカーは皮肉な競技なので、大宮が正真正銘唯一のチャンスを決めて勝利してしまった。昇格したばかりの大宮は、アウェーでの勝利に酔いしれたわけだが、結果以外は何も手にしていない印象だ。裏返せば、これで勝ててしまうのがJリーグという見方もできる。
 
 昨年大宮はJ2を独走で制している。しかし残念ながら中味はJ特有のトレンドに添っていた。1980年代ではなく、これだけ欧州シーンの映像が溢れている現在なのに、Jではドメスティックなトレンドへと足並みを揃える。
 
 真夏のシーズンが長い弊害と見る向きもあるが、それでも湘南のようなチャレンジャーも存在するわけで、やはりドメスティックな結果という小さな競争への過度な固執が進化を阻んでいるとしか思えない。
 
【関連記事】
【日本代表】「まあまあ」ではなく「一番良い」と言われるために――原口元気に起きた心境の変化とは
【日本代表】ベストは4-3-3か4-4-2か。シリア戦は“最適解”を探る舞台に!?
【日本代表】華麗な先制点を決めた岡崎慎司。今や本田圭佑や香川真司に代わる「日本の新たな象徴」に
【日本代表】ストライカー不遇の法則。佐藤寿人、豊田陽平…それでも代表監督に愛されなかった理由
【日本代表ボランチの系譜】柱谷哲二から遠藤保仁まで。変移する“ハンドル”の理想形は「遠藤+今野」の資質を持つ人材?
【なでしこリーグ・浦和L】負けず嫌いの“新星”。北川ひかるが見せる責任感と覚悟

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ