• トップ
  • ニュース一覧
  • 【日本代表】「まあまあ」ではなく「一番良い」と言われるために――原口元気に起きた心境の変化とは

【日本代表】「まあまあ」ではなく「一番良い」と言われるために――原口元気に起きた心境の変化とは

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2016年03月28日

アフガニスタン戦の満足感はすでに残っていない。燃えるような向上心を胸に日本代表の中心選手を目指す。

アフガニスタン戦では、「チームのバランスを見て自粛して」、持ち味のドリブルを見せず。「そのバランスを積極的にしていっててもいい」と反省を口にした。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 3月24日のアフガニスタン戦で、原口はフル出場した。中盤の右サイドに入ると、こぼれ球にいち早く反応するなど献身的なプレーで、アフガニスタンに主導権を握らせなかった。

 しかし守備の貢献が光る一方で、攻撃では一番の持ち味でもあるドリブルは控えめで、チャンスに絡む活躍はできなかった。12分のクロスバーを叩いたミドルシュートが枠を捉えていれば、その評価も変わったかもしれないが、結局、結果は残せなかった。

「役割を完璧にこなすのは難しかった。ただ求められていた激しく守備にいくところ、セカンドボールを拾ってミドルを打つところはできた。良い形でアーリークロスも入れられたので、ある程度はアピールできたかなと思います」

 アフガニスタン戦後、そう語っていた原口だが、試合から3日が経ち、心境は変化していた。
 
「最低限のことはやれましたけど、よくよく考えてみたら、俺はそれだけやっててもダメだと思ったし、俺らがこのチームの中心選手、先輩たちを越えていくには結果が必要。そういうのを毎試合繰り返していかないとなかなか追いつけない。そこはもっとこだわっていかなきゃいけない」
 
 原口が見据えるのは、日本代表の中心選手。合宿中に開かれた選手同士でのミーティングで他の選手の話を聞き、刺激を受けたことで、その気持ちはより強固なものになった。
 
「監督には『まあまあだ』とは言われた。でも『まあまあ』で終わりたくない。『まあまあ』だと(このチームの中心選手を)越えていけないので、『一番いい』と言われるぐらいやっていかなきゃいけないと思います」

 試合後の満足感はいまや、ひと欠片も残っていない。日本代表で一番良い選手になると誓った表情からは、燃えるような向上心が窺えた。
 
「自分のやりたいことをもっと出してよかったと思う。チームの決まりごとを守るのは大切ですけど、そのなかでも(やりたいことを)出すタイミングはあると思うので、そのバランスを積極的にして、もっと感覚的に動いてもいいと思います。"俺はこれだ"っていうのをもっと出していきたい。次の試合でなにか起こしたいなと思いますね」
 
"俺はこれだ"――自身の価値を証明するために、シリア戦ではひと皮剥けた姿を見せてくれるはずだ。日本一を目指すドリブラーから目が離せない。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【日本代表】ベストは4-3-3か4-4-2か。シリア戦は“最適解”を探る舞台に!?
【日本代表】追加招集の齋藤。“最大の激戦区”で空白の2年間を埋める挑戦が始まる
【日本代表】「久しぶりに代表で楽しめた」清武。アフガ二スタン戦で活躍できた背景には…
【日本代表】自らに厳しい目を向ける本田。「日本人は“自問自答”できる」
【日本代表】清武の活躍に闘志を燃やす香川。「結果を残さなければ評価されない」
【日本代表】連続出場が途切れた宇佐美だが「なにも思わない」。それよりも大事なのは「出た時にどれだけできるか」
【なでしこリーグ・浦和L】負けず嫌いの“新星”。北川ひかるが見せる責任感と覚悟

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ